2021年05月04日 05時00分 公開
特集/連載

Amazonが「黒人従業員への差別」で訴えられる 何が起きていたのか?訴状と声明を基に整理

黒人従業員に対する差別的な扱いに関する訴訟に直面しているAmazon.com。同社で何が起きていたのか。原告による訴状と、同社の声明を基に整理する。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

Amazon


 Amazon.comが、黒人従業員の扱いに関する訴訟に直面している。「少ない賃金で働かせる目的で、黒人従業員を低いレベルの職業にとどまらせ、昇進を遅らせている」というのが訴訟の骨子だ。米ワシントンD.C.の連邦地方裁判所に提出した訴状で原告は、同社一部従業員の不適切な行為に関して具体的に説明し、同社にはダイバーシティー(人材の多様性)に関する広範な問題があると主張している。

 原告であるシャルロット・ニューマン氏は2017年、Amazon.com子会社Amazon Web Services(AWS)にパブリックポリシーマネジャー職として採用された。訴状によると、ニューマン氏は「肌の色と性別に基づく、組織的で乗り越えられない差別の行動様式」に直面した。AWSで働き始める前、同氏はニュージャージー州選出の民主党所属コリー・ブッカー上院議員のトップアドバイザーを務めていた。

 訴状でニューマン氏は、同僚2人と同席した夕食会で同僚の1人がニューマン氏の体に触れるといった性暴力をはじめ、同僚による不適切な行為があったと主張している。問題を起こした従業員は後に解雇された。

Amazonは「いかなる差別も容認しない」、原告は「差別は一部ではない」

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...