2021年08月04日 05時00分 公開
特集/連載

「アウトソーシング」依存がIT人材不足を悪化させる“当然の理由”「ITスキルギャップ」を埋める方法【第4回】

適切なIT人材を迅速に調達する手段として、アウトソーシングなどの社外リソースの活用は有効だ。ただし社外リソース活用ありきのIT人材戦略は「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない。その理由は明確だ。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事


 第3回「優秀なIT人材が逃げる“駄目な求人票”とは?」は、企業がIT人材に求めるスキルと企業内の実際のスキルとのギャップである「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない不適切な求人票の条件と、ITスキルギャップが企業にもたらす影響を整理した。第4回の本稿は、IT人材の調達にアウトソーシングといった社外リソースを活用する際の利点と注意点を解説する。

“アウトソーシング依存”がITスキルギャップをより悪化させる?

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

よく分かる「デジタルネイティブ」入門(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...