2021年08月04日 05時00分 公開
特集/連載

「アウトソーシング」依存がIT人材不足を悪化させる“当然の理由”「ITスキルギャップ」を埋める方法【第4回】

適切なIT人材を迅速に調達する手段として、アウトソーシングなどの社外リソースの活用は有効だ。ただし社外リソース活用ありきのIT人材戦略は「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない。その理由は明確だ。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事


 第3回「優秀なIT人材が逃げる“駄目な求人票”とは?」は、企業がIT人材に求めるスキルと企業内の実際のスキルとのギャップである「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない不適切な求人票の条件と、ITスキルギャップが企業にもたらす影響を整理した。第4回の本稿は、IT人材の調達にアウトソーシングといった社外リソースを活用する際の利点と注意点を解説する。

“アウトソーシング依存”がITスキルギャップをより悪化させる?

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...