「アウトソーシング」依存がIT人材不足を悪化させる“当然の理由”「ITスキルギャップ」を埋める方法【第4回】

適切なIT人材を迅速に調達する手段として、アウトソーシングなどの社外リソースの活用は有効だ。ただし社外リソース活用ありきのIT人材戦略は「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない。その理由は明確だ。

2021年08月04日 05時00分 公開
[Stephen J. BigelowTechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事


 第3回「優秀なIT人材が逃げる“駄目な求人票”とは?」は、企業がIT人材に求めるスキルと企業内の実際のスキルとのギャップである「ITスキルギャップ」を深刻化させかねない不適切な求人票の条件と、ITスキルギャップが企業にもたらす影響を整理した。第4回の本稿は、IT人材の調達にアウトソーシングといった社外リソースを活用する際の利点と注意点を解説する。

“アウトソーシング依存”がITスキルギャップをより悪化させる?

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...