2021年03月30日 05時00分 公開
特集/連載

チャット全盛時代でも「メール」がいまだに使われ続ける理由「メール」を顧客応対に生かすヒント【前編】

チャットやSMSなどコミュニケーション手段は多様化している。一方で顧客からの問い合わせ手段として、コールセンターの間でいまだに広く使われている手段がメールだ。なぜメールが使われるのか。

[Fancy Mills,TechTarget]

関連キーワード

顧客満足


 顧客からの問い合わせを受け付けて支援する「カスタマーサービス」の分野では、メールや電話、対面、郵送といった従来型の手段から、チャットやSMS(ショートメッセージサービス)、ビデオ通話といったリアルタイムコミュニケーションの手段へと移行が進んでいる。それでも、いまだに広く利用されている手段がメールだ。メールによるカスタマーサービスを提供するコールセンターは、メール管理のための適切なソフトウェアと戦略を取り入れる必要がある。

 カスタマーサービスの手段として、今もなおメールが広く使われている理由はたくさんある。メールの主要なメリットを紹介しよう。

メリット1.使いやすさ

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...