「Windows 11遅過ぎ」問題が全然解消されないときの“最終手段”とは?「Windows 11」パフォーマンス問題解消法【第5回】

「Windows 11」のパフォーマンス低下は悩ましい問題だ。あらゆる手段を試しても、問題が解消されないときの“最終手段”とは何か。

2023年04月23日 13時00分 公開
[Ed TittelTechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 11」で、データ処理速度といったパフォーマンスが低下する問題が発生した際、さまざまな手段を使ってもパフォーマンス問題が解消しないことがある。それでも“お手上げ”状態になるのはまだ早い。Windows 11のパフォーマンス問題に対処するための「5つのステップ」のうち、5つ目となる“最後のステップ”を紹介する。

5.“最終手段”で修復を試みる

 どのような手を打ってもWindows 11のパフォーマンス問題が解消されない場合に、取り得る策は2つある。いずれも強力な手段だが、リスクはゼロではない。

 1つ目の手段は「修復インストール」だ。修復インストールは、各種データや設定を維持したまま、同じバージョンのWindows 11をインストールすることを指す。修復インストールに成功すれば、既存のアプリケーションに影響を与えることなく、全てのシステムファイルが元のものに置き換わる。

 Windows 11で修復インストールをするには、Windows 11のインストールメディアを利用し、インストーラー(setup.exe)を実行する。修復インストールには再インストールと同様の時間がかかったり、一部の設定が失われたりすることがある点に注意が必要だ。

 修復インストールでもWindows 11のパフォーマンス問題が解消されない場合、2つ目の手段としてWindows 11の初期化がある。初期化をすると基本的にはデータや設定が失われるので、実行前に必要なデータを退避させることが不可欠だ。初期化後に元の状態に戻す作業も必要になる。

 初期化をしても、Windows 11のパフォーマンス問題に改善が見られない場合は、現状のPCでできる対処法は、残念ながら残っていないと考えるべきだ。その場合は、新しいPCへのリプレースを検討するとよい。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

news093.jpg

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...