2023年12月11日 05時00分 公開
特集/連載

XDRの「2大トレンド」とは? 脅威検出をよく知るSecureworksに聞くSecureworksのCEOに聞く「XDRの今」【前編】

セキュリティ業界の注目分野の一つとして、システム全体の保護を目指す「XDR」がある。XDRはセキュリティ市場において市民権を得ているのか。XDRベンダーSecureworksのCEOに聞いた。

[Alexander CulafiTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | CEO | セキュリティ


 攻撃の手口が巧妙化する中、脅威検出技術も変わりつつある。PCやスマートフォンといったエンドポイントを監視する「EDR」(Endpoint Detection and Response)の拡張版として、監視対象をクラウドサービスやネットワークなど他の領域にも広げた「XDR」(Extended Detection and Response)が登場している。Dell Technologies傘下のセキュリティベンダーSecureworksは「Taegis」ブランドで提供するXDR製品の開発に注力してきた。XDR市場の現状や、同社が目指していることについて、CEO(最高経営責任者)のウェンディ・トーマス氏に聞いた。

XDRの2大トレンドとは?

―― Secureworksは2019年にXDR開発に着手し、さまざまな製品を投入しています。Taegis の立ち上げをCPO(最高製品責任者)として統率し、その後CEOに就任されたご経験を踏まえて、XDRの「今」をどう捉えていますか。

トーマス氏 XDR分野には2つの興味深い動きがある。1つ目は、ユーザー企業がXDRの存在を認識するようになったことだ。2019年ごろ、当社がXDR製品の開発を始めたときは、「XDRとは何か」をいくら説明しても理解する人はほとんどいなかった。XDRの定義があいまいなことも逆風だった。現在も、正確にはEDRや「MDR」(Managed Detection and Response)と呼んだ方がいい製品をXDRとして販売するベンダーがある。ただしXDRについてのユーザー企業の理解が深まり、導入の機運が高まっていると見ている。

 2つ目の動きは、XDR製品開発に当たっての「互換性」の追求だ。特にSecureworksはXDR製品の他社製品との連携しやすさに注力している。ユーザー企業のセキュリティのシステムを見ると、縦割りでさまざまなベンダーの製品が混在していることが分かる。クラウドサービスの採用によってシステムの複雑化がさらに進む傾向がある。そうした中、各製品やシステムを連携させるニーズが旺盛だと捉えている。その実現のためには、当社製品が追求している徹底したオープン性が重要になる。

―― オープン性以外に、Secureworksはどのようなことに力を入れていますか。

トーマス氏 当社は長年、製造業のOT(運用技術)システム向けセキュリティの製品開発に取り組んできた。Secureworksの顧客の約4分の1がOTセキュリティ分野だ。この分野には今後も需要があるので継続して事業を強化したい。昨今、製造業を狙った攻撃が活発化し、さまざまな脅威の検出と対処はこれまで以上に重要になっている。製造業の企業が攻撃を受けてビジネス展開ができなくなったら、社会全体に影響が出る。当社はOTセキュリティ製品の防御力を高め、製造業と一緒に攻撃者に対抗したいと考えている。

―― 製造業の企業はセキュリティの強化を重視する一方、そのための予算確保が簡単ではないということを耳にします。そうした企業に対し、Secureworksの製品をどのように訴求しますか。

トーマス氏 予算の点は、実はそれほど大きな問題ではないと考えている。大切なのは「攻撃に強いセキュリティ体制とは何か」「資産を守るための『対価』をどう捉えているか」といった点だ。そうした切り口で考えることで、当社製品を選んでもらうケースがある。ポイントは、企業にセキュリティの費用対効果(ROI)を具体的に伝えることだ。自社が攻撃の標的にされないと考える企業はほとんどなくなった。企業はリスク軽減について危機感を募らせていると見ている。


 後編は、トーマス氏に人工知能(AI)技術の可能性を聞く。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...