「プライベート5G」で「Wi-Fi」は消えてしまうのか?プライベート5GにWi-Fiが欠かせない理由【前編】

自組織専用の5Gを利用できる「プライベート5G」。そのネットワークさえあれば、無線LANは不要なのか。無線LANの業界団体が、この疑問に答える調査結果を発表した。

2023年07月18日 07時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 「5G」(第5世代移動通信システム)をユーザー組織が自営網として利用できる「プライベート5G」の利用が広がっている。自組織で扱う無線ネットワークとしては、「Wi-Fi」の製品認証プログラム名で知られる無線LANが定番だ。

 プライベート5Gがあれば、Wi-Fiは不要なのか。この疑問に答えるため、無線LANの業界団体Wireless Broadband Alliance(WBA)はWi-Fiとプライベート5Gの関係を調査した。

「プライベート5G」で「Wi-Fi」は消える? 消えない?

 WBAはプライベート5GとWi-Fiに関する調査を実施し、「Private 5G and Wi-Fi Convergence: Key use cases and Requirements」というレポートを2023年5月に発行した。WBAのメンバー企業Cisco SystemsとHewlett Packard Enterprise(HPE)傘下のAruba Networksが中心となってレポートを作成した。

 同レポートが報告した主な内容は以下の通りだ。

  • Wi-Fiのネットワークインフラは新規や既存を問わず、プライベート5Gの可能性を広げる
  • Wi-Fiとプライベート5Gは周波数帯が異なるため干渉せず、両者を併用することで広範な受信域を利用できる
  • Wi-Fiは既に企業において広く利用されているため、従業員は使い慣れている。プライベート5Gを利用する時には、Wi-Fiのユーザーインタフェース(UI)を流用することで、よりプライベート5Gが使いやすくなる

 この内容が示唆するのは、プライベート5Gを導入するからといってWi-Fiを捨てる必要はないということだ。

 同レポートは、Wi-Fiとプライベート5Gのネットワークインフラを統合することが重要だと指摘する。統合すれば、ユーザー組織のIT管理者は、ローミング(異なるネットワークへ接続を切り替えること)の管理から解放される。

 Wi-Fiのユーザー組織はIDや認証、ポリシーを管理する仕組みを既に導入している。同レポートは、プライベート5G導入時にはそれらを共通して利用可能にすべきだとも提言する。


 中編は、Wi-Fiの新しい規格「Wi-Fi 6E」とプライベート5Gが、モノのインターネット(IoT)の視点ではどのような違いがあるのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...