「プライベート5G」で「Wi-Fi」は消えてしまうのか?プライベート5GにWi-Fiが欠かせない理由【前編】

自組織専用の5Gを利用できる「プライベート5G」。そのネットワークさえあれば、無線LANは不要なのか。無線LANの業界団体が、この疑問に答える調査結果を発表した。

2023年07月18日 07時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 「5G」(第5世代移動通信システム)をユーザー組織が自営網として利用できる「プライベート5G」の利用が広がっている。自組織で扱う無線ネットワークとしては、「Wi-Fi」の製品認証プログラム名で知られる無線LANが定番だ。

 プライベート5Gがあれば、Wi-Fiは不要なのか。この疑問に答えるため、無線LANの業界団体Wireless Broadband Alliance(WBA)はWi-Fiとプライベート5Gの関係を調査した。

「プライベート5G」で「Wi-Fi」は消える? 消えない?

 WBAはプライベート5GとWi-Fiに関する調査を実施し、「Private 5G and Wi-Fi Convergence: Key use cases and Requirements」というレポートを2023年5月に発行した。WBAのメンバー企業Cisco SystemsとHewlett Packard Enterprise(HPE)傘下のAruba Networksが中心となってレポートを作成した。

 同レポートが報告した主な内容は以下の通りだ。

  • Wi-Fiのネットワークインフラは新規や既存を問わず、プライベート5Gの可能性を広げる
  • Wi-Fiとプライベート5Gは周波数帯が異なるため干渉せず、両者を併用することで広範な受信域を利用できる
  • Wi-Fiは既に企業において広く利用されているため、従業員は使い慣れている。プライベート5Gを利用する時には、Wi-Fiのユーザーインタフェース(UI)を流用することで、よりプライベート5Gが使いやすくなる

 この内容が示唆するのは、プライベート5Gを導入するからといってWi-Fiを捨てる必要はないということだ。

 同レポートは、Wi-Fiとプライベート5Gのネットワークインフラを統合することが重要だと指摘する。統合すれば、ユーザー組織のIT管理者は、ローミング(異なるネットワークへ接続を切り替えること)の管理から解放される。

 Wi-Fiのユーザー組織はIDや認証、ポリシーを管理する仕組みを既に導入している。同レポートは、プライベート5G導入時にはそれらを共通して利用可能にすべきだとも提言する。


 中編は、Wi-Fiの新しい規格「Wi-Fi 6E」とプライベート5Gが、モノのインターネット(IoT)の視点ではどのような違いがあるのかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...