「GitHub」への不正アクセスで緊急警告 何が狙われたのか?GitHubのデータ流出事件の全貌【前編】

リポジトリが不正アクセスを受けたGitHubは、Mac用「GitHub Desktop」と「Atom」のユーザーに警告を出した。攻撃者は何を狙ったのか。

2023年03月31日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 ソースコード共有サービス「GitHub」を運営するGitHub社(2018年にMicrosoftが買収)は2023年1月30日(現地時間)、同社のリポジトリ(保管場所)が漏えいした可能性があると緊急の警告を発した。影響を受けたのはGitHubのデスクトップ用アプリケーション「GitHub Desktop」を「Mac」で利用するユーザーと、オープンソースのソースコードエディター「Atom」のユーザーだ。

攻撃者は何を盗んだのか

 攻撃者はGitHubのリポジトリにアクセスし、以下を盗み出した可能性がある。

  • デジタル証明書の認証局を運営するDigiCertが発行した「コードサイニング証明書」2点
    • ソースコードの署名が信頼できるものであることを証明する。
  • Appleの「Developer ID証明書」1点
    • Appleからアプリケーションを公認してもらうために用いる。

 GitHub社は2022年12月7日(現地時間)に不正なアクセスを検出し、調査を実施。同社は「GitHubへの不正な変更がないことを確認したため、約2カ月間攻撃の公表を控えた」と説明する。

 説明によると2022年12月6日(現地時間)、攻撃者はGitHubのマシンアカウント(コンピュータやサーバなどに関連付くアカウント)を盗み、それにひも付いた個人用アクセストークン(PAT)を悪用してリポジトリに不正アクセスした。具体的には、GitHub DesktopとAtom、GitHub社の関連組織のリポジトリにアクセスし、それらを複製した。

 不正アクセスの検出後、GitHubは漏えいした資格情報を直ちに無効化し、顧客と社内システムへの影響を調査した。影響を受けたリポジトリには、顧客データは存在しなかった。ただしGitHub DesktopやAtomが使用する、暗号化されたコードサイニング証明書が複数あった。攻撃者が暗号を解読してデジタル証明書を悪用した証拠は、2023年1月時点で見つかっていない。


 中編は、証明書の漏えいによる影響を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...