2022年06月14日 10時00分 公開
PR

「守りのクラウド運用」 複雑化する課題解決の鍵「オブザーバビリティ」とは?ITR甲元氏と考える

複雑化するクラウド環境。増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するために何が必要か。エキスパートと考える。

[ITmedia]

 クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCPなど、各企業は“守り”の面での課題が山積している。旧来の環境と異なり、クラウドを前提としたシステムでは管理すべきものが目に見えにくい。システムが複雑さを増す中は、全体を見通すことはより困難になっていると言える。

 課題解決の第一歩は、正しい現状理解から。そこでキーワードとなるのが「オブザーバビリティ」(可観測性)だ。パブリッククラウドもプライベートクラウドも含めたシステム全体の状況を、多様なログ情報を基に多角的かつ精密に把握することは今、喫緊の課題となっている。

 競争力の強化といったクラウド活用の“攻め”の部分も、“守り”が盤石であればこそ実現するもの。そのために今、何が求められているのか。企業のITインフラおよびクラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アール(ITR)の甲元宏明プリンシパル・アナリストと、正しい解決策を考える。

※本稿は、ITmedia NEWSからの転載記事です。


提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.