2023年04月17日 10時00分 公開
PR

放置される脆弱なアクセスポイント シンプルで柔軟な管理を実現するには無線LAN運用の3大課題を解決

人手不足が故に無線LANのメンテナンスがおざなりになる企業は多く存在する。結果、脆弱なアクセスポイントを使い続けることでセキュリティリスクを抱えている状況だ。負の循環を断ち切る方法はあるのか。

[ITmedia]

 サイバー攻撃者は、企業のデータを窃取するために無線LAN機器の脆弱(ぜいじゃく)性を突くなどして社内ネットワークへの侵入を図る。2021年には、多くの無線LAN機器に「FragAttacks」と呼ばれる脆弱性が存在することが分かり、話題になった。これを悪用すると通信内容を傍受することも可能だ。

 こうした脅威が企業に迫る中、人手不足が故に無線LANのメンテナンスがおざなりになり、ファームウェアを更新していない脆弱なアクセスポイントを使い続ける企業もある。その結果、気付かぬうちに攻撃者の「入り口」を増やし、セキュリティリスクを抱えることになる。

 この負の循環を断ち切る方法はないものだろうか。無線LANの課題と、それの解決策を専門家に聞いた。


提供:ジャパンシステム株式会社、株式会社エフタイム、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.