2022年09月05日 10時00分 公開
PR

Windows Serverのプロが明かすサーバ移行の課題解決と成功へ導くための秘策迫るサーバOSのサポート終了にどう対処する?

セキュリティリスクが増加する中、Windows Server 2012の延長サポートが2023年10月10日に終了する。人材難、予算難、サーバ機入手難の状況下で最新OSへの移行を成功裏に完了させるには、どうすればよいのか。

[ITmedia]

 オンプレミスでサーバを安定運用しないとビジネスが止まってしまう企業の場合、サーバが止まる要因にどう対応するかが死活問題となる。サーバを安定運用できない要因は、OSのバージョンが古いままで、アップデートされていないこともその一つだ。

 古いバージョンに起因する脆弱(ぜいじゃく)性を突かれた攻撃などによって障害が発生したり、機器が故障したりした場合、サポートが受けられないと復旧が遅れてビジネスに甚大な影響を及ぼす。

 2017年のランサムウェア「WannaCry」による被害が、Windowsのファイル共有プロトコル「Server Message Block(SMB)」の古いバージョン1.0に起因していたことは周知の事実だ。その後もサイバー攻撃は多様化し、「Spectre」「Meltdown」といったCPUなどのハードウェアの古いファームウェアの脆弱性を攻撃するマルウェアも確認されている。

 このようにセキュリティリスクが増加する一方で、長らく使われてきたサーバOS「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」(以下、併せて「Windows Server 2012」)の延長サポートが「2023年10月10日」に終了する。サポート終了まであと1年余り。新しいサーバへの移行プロセスの計画やテストに要する期間を考えれば、時間切れ間近といえる状況だ。

 サーバ移行に関する課題にはどのようなものがあるのか。どうすればスムーズにサーバを移行できるのか。新しいサーバに移行するメリットとは――。Windows Serverの移行に詳しいプロフェッショナルから、移行の課題や現実的な移行方法などを伺った。


提供:SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.