人命を奪いかねない「医療現場のセキュリティリスク」 優先すべき対策は特選プレミアムコンテンツガイド

医療現場でモバイルデバイスの活用が広がれば、攻撃者が狙う対象も増える。専門家は「データ侵害は医療の質の低下につながる。医療機器が攻撃を受けたら誰かの命が失われかねない」と警告する。

2023年03月29日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 昨今の医療現場では、スマートフォンなどのモバイルデバイスが普通に使われている。医療行為に関する情報に即座にアクセスしたいというニーズが、モバイルデバイスの導入や利用の増加を後押ししている。電子医療記録(EHR)システムをはじめ、モバイルアプリで患者情報にアクセスできる医療情報システムの種類も増えつつある。

 そのため病院のIT部門は、モバイルセキュリティの必要性を強く意識している。だが、医療現場でモバイルセキュリティの優先度が高まると同時に、サイバー犯罪者もモバイルデバイスを侵害する攻撃や試みを加速させている。

 ある専門家は「データ侵害が医療の質の低下につながる確率は100%だ。医療機器が攻撃を受けたら、誰かの命が失われかねない」と警告する。だが、予算や準備のために病院のセキュリティシステムをすぐに変更できないこともあるだろう。別の専門家は「利便性や実用性とプライバシーの間にはトレードオフがある。医療体制に悪影響を及ぼしたくないからこそ、慎重に管理する必要がある」と指摘する。

 本資料では、医療現場でモバイルセキュリティを優先すべき理由と、データ侵害が医療に及ぼす影響について考察する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

記事ごとに読む

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...