2019年01月11日 05時00分 公開
特集/連載

医療現場はモバイルセキュリティを優先すべき、これだけの理由クリプトマイナー(仮想通貨採掘ソフト)が激増

医療現場でのモバイルデバイスの利用が広がり利便性が向上しているが、一方でサイバー犯罪者が攻撃に悪用できる対象が増えるというデメリットも出てきた。そのため、医療ITではこうしたエンドポイント保護が急務になっている。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 昨今の医療現場では、スマートフォンなどのモバイルデバイスが普通に使われている。その用途の大半は個人的なものだが、病院や患者のデータへのアクセスにモバイルデバイスが使われるケースも着実に増えている。そのため、病院のIT部門はセキュリティの実践方法を刷新し、この新たな領域を保護する必要性を強く感じている。だが、医療現場でモバイルセキュリティの優先度が高まると同時に、ハッカーなどのサイバー犯罪者もモバイルデバイスを侵害する攻撃や試みを加速させている。

増加するモバイルデバイスへの攻撃

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...