2019年01月11日 05時00分 公開
特集/連載

医療現場はモバイルセキュリティを優先すべき、これだけの理由クリプトマイナー(仮想通貨採掘ソフト)が激増

医療現場でのモバイルデバイスの利用が広がり利便性が向上しているが、一方でサイバー犯罪者が攻撃に悪用できる対象が増えるというデメリットも出てきた。そのため、医療ITではこうしたエンドポイント保護が急務になっている。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 昨今の医療現場では、スマートフォンなどのモバイルデバイスが普通に使われている。その用途の大半は個人的なものだが、病院や患者のデータへのアクセスにモバイルデバイスが使われるケースも着実に増えている。そのため、病院のIT部門はセキュリティの実践方法を刷新し、この新たな領域を保護する必要性を強く感じている。だが、医療現場でモバイルセキュリティの優先度が高まると同時に、ハッカーなどのサイバー犯罪者もモバイルデバイスを侵害する攻撃や試みを加速させている。

増加するモバイルデバイスへの攻撃

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...