2019年01月11日 05時00分 公開
特集/連載

医療現場はモバイルセキュリティを優先すべき、これだけの理由クリプトマイナー(仮想通貨採掘ソフト)が激増

医療現場でのモバイルデバイスの利用が広がり利便性が向上しているが、一方でサイバー犯罪者が攻撃に悪用できる対象が増えるというデメリットも出てきた。そのため、医療ITではこうしたエンドポイント保護が急務になっている。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 昨今の医療現場では、スマートフォンなどのモバイルデバイスが普通に使われている。その用途の大半は個人的なものだが、病院や患者のデータへのアクセスにモバイルデバイスが使われるケースも着実に増えている。そのため、病院のIT部門はセキュリティの実践方法を刷新し、この新たな領域を保護する必要性を強く感じている。だが、医療現場でモバイルセキュリティの優先度が高まると同時に、ハッカーなどのサイバー犯罪者もモバイルデバイスを侵害する攻撃や試みを加速させている。

増加するモバイルデバイスへの攻撃

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...