2018年08月21日 05時00分 公開
特集/連載

病院の情報セキュリティは、ベストプラクティスとユーザーニーズのバランスが難しいセキュリティと利便性のトレードオフ

病院のITを担う医療情報部門では、スタッフに不便を感じさせずに患者データのセキュリティを確保する方法を絶えず模索している。課題は、セキュリティとユーザーニーズを満たす妥協点を見つけることだ。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 米国司法省公民権局(Office for Civil Rights:OCR)に報告されるセキュリティ侵害の増加というデータは、医療組織がサイバーセキュリティのベストプラクティスを導入し続けなければならないという強力なメッセージを伝えている。2018年最初の2カ月だけで、こうした侵害が50万1325人の患者に影響を及ぼした。その数は2017年同期比224%増になる。ただし、IT部門はエンドユーザーの利便性とデータのセキュリティを厳しく保護することのバランスを取るのは難しいと考えている。

 医療情報システムのセキュリティを強化する場合、さまざまな側面を考えることになる。病院では、保護を強化する過程で以下に示す複数の層のセキュリティ確保を検討する必要がある。

  • エンドポイント層:この層は、システムに接続するデバイスの保護に関係する。
  • ネットワーク層:この層では、監視とセキュリティの確保が必要な通信トラフィックを全てサポートする。
  • インフラ層:全てのサーバを含む。
  • クラウドサービス層:この層は、オンラインサービスに関連する全てのワークロードとクラウドベースのワークロードに関係する。
  • ID管理層:この層は、アクセス権の所持者とその対象の識別・認証に対処する。

 ID管理層はエンドユーザーの目に最も触れる層の1つだ。この層は、インフラ内のさまざまなシステムやデータへのアクセス権を取得する際に影響する。多要素認証(MFA)の導入、パスワードをより複雑なものにすること、パスワードの有効期限の設定などは、ユーザーに追加の要件を課すことから、これを嫌がるエンドユーザーもいる。ただし、こうしたサイバーセキュリティのベストプラクティスは、不正アクセスや資格情報のリークに対する強力な防御になる。MFAでは、ユーザーが追加の認証を受ける方法について、IT部門が多くの柔軟性を提供できる。テキストメッセージの受信や電話呼び出し、アプリやスマートウォッチからの承認要求などのオプションがある。

リアルタイム情報保護

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...