Metaの新SNS「Threads」を巻き込む“偽ドメイン”のわなXの競合サービス「Threads」に潜むリスク【前編】

2023年7月にMeta Platformsが提供を開始したSNS「Threads」に関連するセキュリティリスクが浮上している。ユーザーはThreadsを利用する際、何に注意しなければならないのか。

2023年10月19日 07時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 Meta Platforms(旧Facebook)は2023年7月、「X」(旧Twitter)の対抗馬としてテキストベースのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Threads」の提供を開始した。セキュリティベンダーVeriti Securityによれば、Threadsを悪用したフィッシング攻撃やマルウェア配布が始まっている。何に注意が必要なのか。

Threadsの偽ドメインをクリックすると……

 Threadsに見せかけたさまざまな不正ドメインが出ている。Veriti Securityによると、要警戒の不正ドメインは以下の通りだ。

  • threads.ovh
  • threadsfollower.org
  • metathreads.social
  • threadsapp.shop
  • threadsinstagram.app
  • threadsappz.com

 Veriti Securityのマーケティング担当バイスプレジデントを務めるヤィール・ハーリング氏は、「不正ドメインにアクセスすると、マルウェアに感染したり、悪意のあるアプリケーションをダウンロードしたりする可能性がある」と指摘する。

 例えばthreadsappz.comは、Googleの公式ストア「Google Play」からGoogleのOS「Android」版ThreadsのアプリケーションをダウンロードするためのURLに類似している。しかし実際には、Googleのオンラインストレージサービス「Googleドライブ」にリダイレクトし、APK(Android Application Package)ファイルをダウンロードできるようにするという。同社によると、ダウンロード可能なAPKファイルにはマルウェアが含まれている可能性がある。


 後編は、Threadsに関連する攻撃への対処法を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...