「大規模言語モデル(LLM)で何がしたいのか」を明確にする2つの視点責任あるAI利用とは【第3回】

大規模言語モデル(LLM)をビジネスで活用したいと考える企業は、まず何から取り組む必要があるのか。LLM活用を進める際に忘れてはいけないポイントを2つ紹介する。

2023年10月19日 07時00分 公開
[Brian McKennaTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | プライバシー


 テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)を導入する企業は、まず何から取り掛かる必要があるのか。「大規模言語モデル」(LLM)のユースケース(利用の目的やシナリオ)を決めたり、LLMをトレーニングしたりする際のポイントを紹介する。

LLM導入に当たってまず明確にすべきこと

1.ユースケースの特定

 LLM導入を考える企業は、まずLLMのユースケースを明確に定義する必要がある。具体的には、LLMをどの従業員が利用するのか、業務にLLMをどう活用するのか、何をしてはいけないのかなどを決める。ユースケースを決めたら文書化すると同時に、ビジネスのどの段階でLLMを使用するのかを明確にする。リスクの判断基準を調査する必要もある。

2.LLMのトレーニング

 ユースケースを決定したら、データを利用しやすいように加工したり、組み合わせたりする「データキュレーション」を実施する。例えば、企業固有の文書や、医学雑誌の出版物など業界独自のコンテンツを扱う場合は、キュレーション済みのデータセットを用いて、ユースケースに沿うようにLLMをトレーニングする。この過程を経ることで、LLMはユーザーにとって有用な結果を出力できるようになる。

 LLMをトレーニングする際の安全性を確保することも重要だ。機密データや著作権を含むデータが外部のAIベンダーに送信されないように確認し、データセキュリティを確保しよう。


 第4回は、責任あるAI利用を進めるために企業が実施すべきことを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...