2021年03月08日 10時00分 公開
PR

今こそ見直したいテレワークセキュリティ対策 どこから着手する?もう後回しにはできない

テレワークは「感染症拡大防止の一時的な対策」ではなく、今や標準的な働き方として定着しつつある。ならばテレワーク特有のセキュリティリスクを放置するわけにはいかない。どのようにリスクを可視化し、対策の優先順位を決めるべきか。

[ITmedia]

 2020年春以降、首都圏を中心に企業の間で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止を目指してテレワーク制度を導入する動きが広がった。通信インフラや業務プロセスなどさまざまな課題と向き合いつつも、この新しい働き方を軌道に乗せた企業は増えつつある。

 しかし約1年が経過して、これまで漠然と不安を持ちながらも対策が遅れがちだった「テレワーク環境のセキュリティリスク」が顕在化している。テレワーク環境の立ち上げと整備に手いっぱいだった2020年は、セキュリティ対策を後回しにしていた企業もあった。だが日々の業務がテレワーク主体に変わったことで、人手を介した情報漏えいのリスクは格段に高まった。これまで社内で厳重に管理していた重要データが社外に持ち出されることが日常的になった。そのために、テレワーク環境を狙い撃ちにしたサイバー攻撃の被害も相次いでいる。

 最近ではテレワークを一時的なウイルス感染対策ではなく、標準的な働き方として定着させようとする動きも目立つ。テレワーク特有のセキュリティリスクの排除は避けて通れない課題となる。具体的にどう対策すべきか。次のページで解説する。


提供:株式会社テプコシステムズ
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.