2023年08月02日 10時00分 公開
PR

高度化するサイバー攻撃、ランサムウェアの“犯罪エコシステム”の実態とは?Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト

世界情勢の不確実性の高まりに呼応するかのように、ランサムウェアを中心とするサイバー攻撃も増加傾向にある。サイバー攻撃が激化する理由について“犯罪エコシステム”の観点から、セキュリティの第一人者が語る。

[ITmedia]

 世界情勢の不確実性が高まり続ける中、それに呼応するかのようにランサムウェアを中心とするサイバー攻撃も増加傾向にある。昨今の攻撃の特徴としては、ランサムウェア攻撃の大規模化はもちろん、サプライチェーンを標的とする攻撃が増えていることに加え、データ破壊や情報窃取といった内部関係者の不正も顕著になっているという。

 サイバー攻撃の中でも、依然としてランサムウェアを使う手法が多い理由の1つに、“サイバー犯罪のエコシステムが完成の域に達している”という見方がある。必要なマルウェアはダークマーケットから入手でき、それを専用のブローカーから購入したアクセス権や認証情報から攻撃する。このように犯罪組織が疎結合して、ランサムウェア攻撃がシステム化されているのが大きな原因のようだ。

 本動画では、サイバーセキュリティ対策の第一人者をゲストスピーカーとして迎え、サイバー犯罪の組織化と犯罪エコシステムの充実という観点から、サイバー攻撃の現状を語る。自社のサイバーセキュリティ対策を強化したいと考えているIT管理者にとっては、必見の内容だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.