2022年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

中小企業を脅かすサイバー攻撃「PSW」とは? カスペルスキーが警鐘活発化する中堅・中小企業狙いのサイバー攻撃【前編】

Kaspersky Labによれば中堅・中小企業を標的にしたサイバー攻撃が勢いを増している。特に急増しているのは「PSW」というサイバー攻撃だという。その実態とは。

[Peyton Doyle,TechTarget]

 中堅・中小企業を狙う、「PSW」(Password Stealing Ware)をはじめとしたサイバー攻撃が2021年から2022年にかけて急増している。セキュリティベンダーKaspersky Labが2022年5月に発表した調査結果で分かった。

中小企業を狙う「PSW」とは?

 PSW(パスワード窃盗型トロイの木馬)は、標的のマシン内にあるパスワードやIPアドレスといったデータを収集し、攻撃者に送信するトロイの木馬(潜伏型マルウェア)だ。Kaspersky Labは2022年1月〜4月を対象期間として、PSWの検出数や、リモートデスクトッププロトコル(RDP:Remote Desktop Protocol)へのサイバー攻撃件数を前年同期と比べて分析。中堅・中小企業のシステムに入り込んだPSWの検出が飛躍的に増えた他、他の種類のサイバー攻撃も増加した実態を明らかにした。

 中堅・中小企業に対するサイバー脅威の中で最も増加しているのは、PSWだとKaspersky Labは言う。同社によれば、中堅・中小企業を狙ったPSWの2022年1月〜4月の検出数は、400万3323件だった。前年同期の302万9903件から100万件弱(約32%)増えた。

 これらのサイバー脅威についてKaspersky Labは国別にも調査した。そのデータは非公開だが、米TechTargetは独自取材で入手した。それによると、PSW攻撃の増加が目立っている国は米国、カナダ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、ロシア、ハンガリー、セルビアだ。その一部の数字は下記の通り。

  • メキシコ:12万3640件→32万3434件(約20万件増)
  • カナダ:8289件→2万8174件(約2万件増)
  • ロシア:約10万件増
  • 米国:約9万件増

 倍率を見ると、特に増加したのはハンガリー、セルビア、コロンビアの3カ国だった。

  • ハンガリー:約9.5倍(3232件→3万708件)
  • セルビア:約7倍(1万8336件→12万8213件)
  • コロンビア:約4倍(3万9627件→16万1589件)

 後編は、インターネットを悪用したサイバー犯罪とRDPへのサイバー攻撃の動向を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...