2022年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

セキュリティ専門家が「GCP」の正規APIに示した“重大な懸念”とは?悪用されると危険な「Google Cloud Platform」のAPI【第3回】

クラウドセキュリティベンダーのMitiga Securityは、「Google Cloud Platform」(GCP)の正規APIに“ある懸念”があると指摘する。それは何なのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 オンプレミスのシステムと比べて、クラウドサービスの認証の仕組みは「極めて強力だ」と、クラウドセキュリティベンダーMitiga Securityのプリンシパルコンサルタント、アンドルー・ジョンストン氏は説明する。クラウドサービスの場合、一般的にはクラウドサービスの認証情報を持っていることが、システムにアクセスする唯一の要件となっている。

専門家が指摘 「GCP」の正規APIに潜む“あの懸念”

 MitigaはGoogleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」が用意する、2つのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)について悪用の危険性を指摘した。このうちシリアルポートからの出力データを取得するAPIの「getSerialPortOutput」は、利用できる機能が限られる「Viewer」(閲覧者)ロールでも使用できる。

 調査報告でジョンストン氏は、この仕様に懸念を示している。ファイアウォールの設定にかかわらず、getSerialPortOutputは、シリアルポートからのデータ流出を可能にしてしまうからだ。「攻撃者はgetSerialPortOutputを用いて、不正アクセスしたシステムから、データをこっそりと流出させる可能性がある」(同氏)

 ジョンストン氏によると、これらのAPIの悪用は観測されていない。ユーザー企業でこの攻撃手法が悪用された場合は、比較的明確に分かるという。「攻撃が発生していれば、getSerialPortOutputと『setMetadata』(仮想マシンのメタデータを変更する役割を持つAPI)が繰り返し呼び出されているはずだ」とジョンストン氏は説明する。

 今回発見したリスクは、Googleによって明確に文書化されていなかったと、ジョンストン氏は語る。これらのAPIの危険性を示す過去の調査結果や文献も見つからなかったという。ただし攻撃のリスクは依然として存在する。「だから当社は調査を進め、Googleと関わろうとした」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...