2020年01月16日 10時05分 公開
特集/連載

「Amazon S3」の“うっかり”設定ミスを防ぐ「IAM Access Analyzer」とは保存データを外部に流出させない

Amazon Web Services(AWS)のセキュリティ新機能「AWS Identity and Access Management Access Analyzer」は、ユーザーが保存したデータを“うっかりミス”で漏えいさせる事態を防止するという。その詳細とは。

[Michael Heller,TechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)が、クラウドストレージサービス「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)におけるバケット(データ保存領域)の設定ミスとデータ漏えいを防ぐための新たな対策に乗り出した。

 年次カンファレンス「AWS re:Invent 2019」でAWSが発表したのが、セキュリティ状態の分析機能「AWS Identity and Access Management Access Analyzer」(以下、IAM Access Analyzer)だ。利用中のAWSサービスおよびリソースのアクセス権管理機能「AWS Identity and Access Management」(AWS IAM)に含まれる。

 IAM Access Analyzerは、Amazon S3のバケットが外部に公開された状態になっていると、ユーザーに警告を出す。それを見てユーザーはワンクリックでアクセスを遮断し、意図しないアクセスを防ぐことが可能だ。

 必要に応じて、さらにきめ細かい権限も設定できる。AWSの上級技術製品マネジャーであるシャスヤ・シャーマ氏はブログで次のように解説する。

例えば静的Webサイトをホスティングするサーバのような、外部アクセスの許可を必要とする特定の用途については、警告の内容を承認し、意図的にそのバケットを公開あるいは共有状態に保つことができる

 IAM Access Analyzerは、公開されている全Amazon S3バケットをグループ化して表示する。同時に、その状態がアクセスコントロールリスト(リソースとそれに対するユーザーのアクセス権を対応付けたリスト)による設定か、ポリシーによる設定か、あるいはその両方によるものなのか、そのバケットでどのような権限が有効になっているのかも参照できる。

 Amazon S3バケットのアクセス権は、デフォルトでは非公開になっている。それでも設定ミスが原因で、米国防総省やVerizonなど大規模組織のデータが公開状態になっていた事態が後を絶たない。AWSは2年にわたって、この問題への対処を試みてきた。具体的には、

  • バケットが公開状態であることをはっきりさせる対策
  • 公開バケットのオーナーへのメール送信
  • バケットの設定をバッチで変更可能にする機能の導入

といった解決策を提供している。そこに新たな対策として加わったのがIAM Access Analyzerだ。

IAM Access Analyzerを活用できるかどうかはユーザー次第

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

「巣ごもり消費」「応援消費」「エシカル消費」 withコロナ時代の消費トレンドまとめ
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。