「XML」と「YAML」の違いとは? サンプルで学ぶ基礎知識TechTargetジャパンエンジニア読本集

「XML」と「YAML」。代表的なデータシリアライズ言語である両者は何が違い、どのような場面で活躍するのか。使用例を交えて解説する。

2024年07月03日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 コンテナやクラウドサービスなどで広く使われている「Linux」は、システムの根幹を さまざまな形式のデータを、機械が理解できる形式に変換(シリアライズ)するための言語が「データシリアライズ言語」だ。データシリアライズ言語を活用することで、データの自動処理や構造化が可能になる。

 データシリアライズ言語の代表例が「XML」と「YAML」だ。両者は何が違い、それぞれどう役立つのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は、XMLとYAMLの特徴や活用例、使用時のこつを解説する。実際のサンプルと共に、XML/YAMLの基本を学ぼう。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:XMLとYAMLの基礎

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...