「XML」「YAML」ファイルを正しく作成、管理するための“必須ツール”とは?XMLとYAMLの基礎【後編】

ファイルやデータセンターの管理には、「XML」「YAML」といった「データシリアライズ言語」が欠かせない。XML/YAMLファイルの作成、管理に役立つツールとセキュリティ対策を解説する。

2024年05月17日 05時00分 公開
[Damon GarnTechTarget]

関連キーワード

XML | データ


 「XML」(Extensible Markup Language)や「YAML」(YAML Ain't Markup Language)といった「データシリアライズ言語」は、さまざまな形式のデータを、機械が理解できる形式に変換(シリアライズ)する。構成管理ツールでの利用をはじめ、データの自動処理や構造化といった役割を担う言語だ。XML/YAMLファイルを適切に管理しないと、企業システムのセキュリティに危険が及ぶ恐れがある。ファイルやデータセンターの完全性、機密性を守るために、XML/YAMLファイルの適切な作成、管理方法を学ぼう。

XMLとYAMLのための“便利ツール”とは?

 「Vim」「Emacs」のような汎用(はんよう)性のあるテキストエディタには、XML/YAMLファイルを扱うための拡張機能がある。構文解析機能や自動フォーマット機能を備えたIDE(統合開発環境)は、XML/YAMLファイルの作成、管理を支援する。エディタを選ぶ際は、XMLとYAMLに関する拡張機能の有無をチェックするとよい。「Notepad++」などのテキストエディタ、「Visual Studio Code」「Eclipse IDE」「PyCharm」などのIDEは、構文チェックや構文ハイライト、オートコンプリートといった機能を提供する。

 「XMLバリデータ」は、XMLファイルを検証する機能だ。XMLバリデータを使うと、タグの開閉などの構文や構造を検証できる。テキストエディタやIDEに組み込まれているものもあれば、外部サービスとして提供されているものもある。XMLファイルのエラーはシステム障害を引き起こす恐れがあるため、早期に発見することが重要だ。

XMLとYAMLを保護する方法

 適切なセキュリティ対策をXML/YAMLファイルに施すことは、システムやデータセンターの完全性とプライバシーの確保につながる。XML/YAMLファイルのセキュリティに関する基本的な考え方を以下に挙げる。

  • 「Git」などのバージョン管理システムを使用して、最新バージョンのファイルを確実に使用する
  • 信頼できるソースからXML/YAMLファイルを取得する
  • 仮想マシン(VM)または物理デバイスでXML/YAMLファイルをテストする
  • アクセス権限を制御する
  • XML/YAMLファイルを保護するために暗号化する

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...