Pythonの“謎”構文「if __name__ == “__main__”」の正体TechTargetジャパンエンジニア読本集

「Python」のソースコードで見かける「if __name__ == “__main__”」構文は、何のために存在し、どのような役割を持つのか。具体例を通じて学ぼう。

2024年06月19日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「Python」は、初心者でも扱いやすい特徴を備えたプログラミング言語として人気を博している。ところがPythonで書かれたソースコードに頻出する「if name == 'main'」という構文は、一見して謎めいており、何をするためのものなのかが分かりづらい。この構文は、Pythonプログラムをよりシンプルにし、保守性を高めるための重要な役割を持つ。

 本資料は、Pythonにおけるif __name__ == “__main__”を文法的に解説し、その意味を解き明かすとともに、どう役立つのかを例を交えて掘り下げる。Pythonの初心者から、なんとなくif __name__ == “__main__”を使っている熟練者まで、本資料を読めば正確な知識が得られるはずだ。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...