「Java」が“死んだ言語”にならない納得の根拠TechTargetジャパンエンジニア読本集

「Java」は歴史のあるプログラミング言語でありながら、今なお開発者から熱く支持されている。Javaを単なる“枯れた言語”以上の存在にし続けているのは、何なのか。

2024年05月08日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 1995年に誕生した、プログラミング言語および開発・実行環境の「Java」。次々と魅力的なプログラミング言語が誕生する中で、Javaは人気を維持し続けている。それは決して不思議なことではない。開発者がJavaを好むのには、複数の明確な理由が存在する。

 時代と共に開発者のニーズが変化する中、Javaはなぜ“死んだ言語”にならず、むしろ“人気言語”であり続けているのか。アプリケーション開発のトレンドの変化に、Javaはどのように応えているのか。本資料は、Javaが開発者に愛され続ける理由を、さまざまな視点で探る。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...