過去記事一覧 (2024 年)

6 月

/tt/news/2406/12/news05.jpg
VRの普及は遠くない?【前編】

対面×遠隔の「ハイブリッド会議」やWeb会議を“あれ”に使ってはいけない理由

テレワークの普及を機に一般的になったハイブリッド会議やWeb会議は、どのような目的にも適するわけではない。ハイブリッド会議やWeb会議をしてもうまくいかない不向きな目的とは。

/tt/news/2406/11/news02.jpg
エンタープライズアーキテクチャを理解する【後編】

「TOGAF」認定試験に合格するための“効果的な学習法”はこれだ

組織のITインフラを設計し、効率的に管理する際に役立つフレームワーク「TOGAF」。認証試験の概要と、効果的な学習方法を解説する。

/tt/news/2406/10/news05.jpg
エンジニアリングの心理学【前編】

システム障害を止められないのはなぜ? 知っておきたい「認知のわな」

システム障害が大惨事につながってしまう原因はどこにあるのか。システムの安全性を確保したいのであれば、人間の心理についても知ることが重要だ。認知バイアスのメカニズムを理解しよう。

/tt/news/2406/06/news07.jpg
広がるメタバースの活用例18選【前編】

仕事に使いたくなる「メタバース」の“面白そうな活用例”とは?

メタバースが十分に普及しているとはまだ言い難い状況だが、その活用場面は着実に広がっている。既にメタバースの活用が進んでいる8つの用途を紹介する。

/tt/news/2406/06/news06.jpg
リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【前編】

「TeamViewer」はいかにして“PC以外の遠隔操作”も可能になったのか

リモートデスクトップツールベンダーTeamViewerは、同社のリモートアクセス技術をPC以外の機器においても活用できるようにしている。その取り組みの背景を同社CEOに聞いた。

/tt/news/2406/04/news08.jpg
エンタープライズアーキテクチャを理解する【前編】

フレームワーク「TOGAF」は何の役に立つ? 学習メリットを解説

エンタープライズアーキテクチャのフレームワークであり、認証プログラムも存在する「TOGAF」。学習を通して得られるスキルやメリットを解説する。

5 月

/tt/news/2405/31/news03.jpg
開発者が知っておくべき「かっこ」の違い【後編】

プログラミングにおける3種類のかっこ、()[]{}の混同しがちな使い方

エンジニアがソースコードでよく目にする「丸かっこ」「角かっこ」「波かっこ」には、それぞれどのような役割があるのか。実際のソースコードを例に挙げて、主要な役割を解説する。

/tt/news/2405/29/news07.jpg
開発者のためのLLM入門【後編】

「パブリックLLM」を使いたくない企業の“切実な事情”とは

企業がLLMを活用する際の選択として、“パブリックLLM”ではなく、独自データを用いてトレーニングする「プライベートLLM」に関心が集まり始めている。その背景には何があるのか。活用事例と併せて解説する。

/tt/news/2405/29/news04.jpg
調査から探る“重点投資分野”

企業のIT投資は「レガシー」と「モダン」のどちらに向かう?

企業のIT部門は、技術的負債の解消という課題と、新技術の台頭という新たな流れに直面している。企業は今後、どの分野への投資を重視するのか。調査結果を基に解説する。

/tt/news/2405/24/news04.jpg
開発者が知っておくべき「かっこ」の違い【前編】

いまさら聞けない、ソースコードでよく見る「3種類のかっこ」の違い

ソースコードにはさまざまな種類のかっこが登場する。その中から、エンジニアが知っておくべき3種類のかっこを取り上げる。名前や役割など、それぞれの基礎情報を学ぼう。

/tt/news/2405/22/news01.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

Windowsや“普通のLinux”とは全然違う「コンテナ管理用OS」とは?

コンテナの運用を最適化する「コンテナ管理用OS」。「Windows」などの一般的なOSとは一線を画すコンテナ管理用OSには、どのような利点があるのか。主な特徴と、代表的なコンテナ管理用OSを紹介する。

/tt/news/2405/22/news06.jpg
開発者のためのLLM入門【前編】

「LLM(大規模言語モデル)選び」の“基本の基”とは?

大規模言語モデル(LLM)の活用を検討する場合、用途や予算を踏まえて最適なLLMや導入方法を選ぶことが重要だ。コスト効率の観点で、企業にとっての選択肢を解説する。

/tt/news/2405/21/news02.jpg
開発者にお薦めのノウハウ【後編】

「知ったかぶりのエンジニア」にならないための学習方法はこれだ

理解力を高める学習方法として、「ファインマンテクニック」という手法がある。“知ったかぶり”にならないために、実践すべき正しい学習方法とは。

/tt/news/2405/20/news10.jpg
開発現場にはびこる恐怖の文化

「エンジニアがやる気をなくす」“4つの理由”

エンジニアは職場でどのような悩みや不満を抱えているのか。調査で見えた4つの課題と対策を踏まえて、より生産性の高い職場をつくるためのヒントを探る。

/tt/news/2405/17/news01.jpg
XMLとYAMLの基礎【後編】

「XML」「YAML」ファイルを正しく作成、管理するための“必須ツール”とは?

ファイルやデータセンターの管理には、「XML」「YAML」といった「データシリアライズ言語」が欠かせない。XML/YAMLファイルの作成、管理に役立つツールとセキュリティ対策を解説する。

/tt/news/2405/15/news11.jpg
OpenAIのLLMを比較【後編】

「GPT-3.5」「GPT-4」「GPT-3.5 Turbo」「GPT-4 Turbo」の違いは何?

OpenAIが2023年11月に発表したモデル「GPT-4 Turbo」を含めて、「GPT」のモデルにはどのような違いがあるのか。精度やコストを含めて具体的に比較する。

/tt/news/2405/14/news08.jpg
開発者にお薦めのノウハウ【前編】

知識が深まり、スキルが上がる「ファインマンテクニック」とは?

新たな技術が次々に台頭する中で、開発者は学習を怠ることができない。より効果的に知識を習得したり、スキルを高めたりするための学習手法がある。どのようなものなのか。

/tt/news/2405/10/news05.jpg
XMLとYAMLの基礎【前編】

「XML」と「YAML」の違いとは? 意外と身近なデータシリアライズ言語

異なるアプリケーション間でデータを転送する際は、「XML」や「YAML」のような「データシリアライズ言語」が役に立つ。それぞれにはどのような特徴があり、どのような場面で活用できるのか。

/tt/news/2405/09/news05.jpg
OpenAIのLLMを比較【前編】

「GPT-3.5」と「GPT-4」は結局、何が決定的に違うのか?

OpenAIは大規模言語モデル(LLM)「GPT」の改良を進めている。「GPT-3.5」とその改良版「GPT-4」は何が違うのか。それぞれの特徴と違いをまとめた。

/tt/news/2405/08/news03.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

「Java」が“死んだ言語”にならない納得の根拠

「Java」は歴史のあるプログラミング言語でありながら、今なお開発者から熱く支持されている。Javaを単なる“枯れた言語”以上の存在にし続けているのは、何なのか。

/tt/news/2405/08/news06.jpg
CIOの採用市場【後編】

IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ

CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。

/tt/news/2405/01/news06.jpg
CIOの採用市場【前編】

CIOの「平均年収」は上位層で“4000万円”級 業種別、規模別のまとめ

厳しい経済情勢の中でも、最高情報責任者(CIO)の給与は伸びる傾向にあるようだ。ただし、その程度は企業によって差がある。特に昇給を見込める企業の特徴とは。

4 月

/tt/news/2404/30/news05.jpg
気になるメタバースの今後【後編】

「メタバース」がオワコンにならない“これだけの理由”

ピークを過ぎた印象があるメタバース市場だが、専門家によると今後の見通しは明るい。メタバース市場の成長を支える3つの最新動向を紹介する。

/tt/news/2404/24/news02.jpg
Web3が再注目される予感【後編】

「Web3」と「ブロックチェーン」でどうすれば世界の電力消費を減らせるか

持続可能性(サステナビリティ)との共存が課題となっている「Web3」。そのWeb3を積極的に使い、環境問題に取り組む動きが出ている。

/tt/news/2404/24/news03.jpg
生成AIで変化する開発【第4回】

生成AIが「開発者のキャリアと給与」にもたらす希望と“残酷な結末”

組織の規模にかかわらず、開発業務に欠かせない存在となりつつある「生成AI」。一方で開発者には、このような状況を歓迎できない理由がある。生成AIが開発にもたらす変化と併せて解説する。

/tt/news/2404/23/news06.jpg
気になるメタバースの今後【中編】

「メタバース」の熱狂が消えてしまった“当然の理由”

メタバースについての“一時の熱狂”はどこへ消えたのか。メタバース市場初期からの動向を振り返りつつ、今後何が起きるのかを探る。

/tt/news/2404/18/news03.jpg
AIによるモダナイゼーションの可能性【後編】

生成AIによる「モダナイゼーション」に企業はどこまで“本気”なのか?

生成AIは、企業が従来してきた“レガシーアプリケーション”のモダナイゼーションにも変化をもたらそうとしている。生成AIの活用によってモダナイゼーションは進むのか。

/tt/news/2404/17/news05.jpg
Web3が再注目される予感【中編】

Web3の謎「ビットコインマイニングになぜあれほどの電力が必要なのか」

次世代インターネットとして注目を集める「Web3」には、電力消費に関する問題が付いて回る。Web3のどのような仕組みが関わっているのか。ビットコインのマイニングを例にして解説する。

/tt/news/2404/17/news06.jpg
生成AIで変化する開発【第3回】

人気の「ソースコード自動生成ツール」に共通する“2つの特徴”はこれだ

開発業務における生成AIの活用が進んでいる。開発者が評価するAIツールにはどのような特徴や機能があるのか。AI時代の開発者に求められるスキルと併せて解説する。

/tt/news/2404/16/news08.jpg
気になるメタバースの今後【前編】

メタバースは「死んだ」のではなく「死んだふり」をしていただけ?

メタバースを取り巻く熱狂は落ち着き、もはやメタバースは廃れつつあるかのように見える。しかし業界関係者によると、この見方は正しくない。メタバースの現状と今後を考察する。

/tt/news/2404/10/news04.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

“バグの出にくい”プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の基礎知識

堅牢性や再利用性を高め、よりバグの少ないソースコードを作成したいならば、関数型プログラミングの利用を検討しよう。主要な関数型プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の概要を紹介する。

/tt/news/2404/10/news13.jpg
Web3が再注目される予感【前編】

“インターネットの進化”「Web 3.0」とはつまり何なのか?

「Web 3.0」は、インターネットに対する考え方や利用方法に変化をもたらす存在だ。Web 3.0とは何かを理解するには、幾つか基本を押さえておく必要がある。Web 3.0に関する市場動向と併せて解説する。

/tt/news/2404/10/news11.jpg
生成AIで変化する開発【第2回】

なぜ開発者は「ソースコード自動生成」を素直に喜べないのか?

開発分野における生成AI導入が広がっている。生成AIツールを使うことで開発が効率化することが期待できる一方で、開発者がそれを素直に喜べない事情もある。どういうことなのか。

/tt/news/2404/05/news02.jpg
LLMで変わる開発【後編】

“AIインフラ”でも論争になる「オンプレミス」対「クラウド」 どう選ぶべき?

自社データを用いてカスタマイズした「プライベートLLM」を運用する場合、ユーザー企業はインフラの構築や運用にどのように向き合えばいいのか。そのポイントを解説する。

/tt/news/2404/05/news01.jpg
Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【後編】

Pythonのサンプルプログラムで分かる「if __name__ == “__main__”」の使い方

「Python」のプログラミングで使われる「if __name__ == “__main__”」という構文は、何のためのものなのか。どう役立つのか。サンプルプログラムを使いながら、使うべき場面とそうではない場面を解説する。

/tt/news/2404/04/news08.jpg
AIによるモダナイゼーションの可能性【中編】

生成AIで脱「COBOL」も? メインフレームは再び注目されるのか、それとも……

生成AIを動かすインフラとして、メインフレームは今後再び注目を集めることになるのか。企業によるモダナイゼーションに向けた動きと併せて解説する。

/tt/news/2404/03/news06.jpg
生成AIで変化する開発【第1回】

“従来型のAI”ではなくなぜ「生成AI」の人気上昇が必然だったのか?

生成AIはなぜ世間の関心を集めるのか。その理由は、従来型AIとの違いにある。AI市場の動向を、開発分野への影響と併せて解説する。

3 月

/tt/news/2403/30/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

C++が嫌われ、JavaScriptが人気の訳は? 使えるプログラミング言語の見極め方

初心者に適したプログラミング言語とは何なのか。「JavaScript」が人気を維持する一方で、「C++」が“嫌われる”理由とは。プログラミングをこれから学ぼうとする人も、学び続ける人も押さえるべき情報をまとめた。

/tt/news/2403/30/news02.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

40代でも転職できる人が「絶対しないこと」は? エンジニア“サバイバル”読本

IT業界の未経験者が、エンジニアとして成功を収めるためには何をすればよいのか。年齢を重ねたエンジニアが、自分の経歴をセールスポイントにするには。エンジニアが“勝ち残る”ためのノウハウをまとめた。

/tt/news/2403/29/news13.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

“危ないコンテナ”の条件は? VMとどう使い分ける? コンテナ丸分かりガイド

アプリケーションを稼働させる手段として普及した「コンテナ」。仮想マシンとは何が違い、どのように使い分ければよいのか。コンテナを安全に運用するために注意すべきこととは。コンテナ活用のヒントを紹介する。

/tt/news/2403/29/news12.jpg
メインフレームは生き残るのか?【後編】

メインフレームが“消える”どころか「AI時代に息を吹き返す」のはなぜ?

これからメインフレームが再び注目を集める可能性がある。それを促す要因の一つが、AI技術の活用が進むことだ。メインフレームの活用にどのような影響を与えるのか。

/tt/news/2403/29/news14.jpg
LLMで変わる開発【中編】

「生成AIカスタマイズ」には何が必要? 独自LLMを作る“6つの準備リスト”

生成AIや大規模言語モデル(LLM)の導入や開発に着手するには、まず何から決めればいいのか。AI活用を検討する際に確認すべき6つの基本事項を解説する。

/tt/news/2403/29/news02.jpg
Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【中編】

Pythonの謎構文「if __name__ == “__main__”」には何の意味があるのか

「if __name__ == “__main__”」という構文は、「Python」のプログラミングでしばしば目にする構文だ。この構文が意味するところを、例を挙げながら説明する。

/tt/news/2403/28/news12.jpg
AIによるモダナイゼーションの可能性【前編】

Microsoft 365はほんの始まり 基幹系は「生成AI組み込み」でどこまで変わる?

生成AIをオフィススイートなどのソフトウェア製品に組み込み、業務効率化を支援する動きがある。生成AIの“組み込み”は、基幹業務のどこまで食い込んでいくのか。

/tt/news/2403/22/news14.jpg
生成AI×開発の可能性

住友ゴムは“生成AI”「Gemini」をなぜ選択し、開発をどう変えたのか?

住友ゴムの開発部門は、生成AIツールを活用して開発業務における課題解決を図った。「Gemini」を選定した理由や活用方法、今後の展望について解説する。

/tt/news/2403/27/news08.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

生成AIの回答を洗練させる「プロンプトエンジニアリング」ツール7選

LLM(大規模言語モデル)などのAIモデルから望ましい出力を得る「プロンプトエンジニアリング」では、専用のツールを活用できる。プロンプトエンジニアリングの概要と、実施するための主要7ツールとは。

/tt/news/2403/27/news13.jpg
GPTカスタマイズの可能性【後編】

OpenAIの新プラン「ChatGPT Team」は「Microsoft Copilot」とは何が違う?

OpenAIのChatGPT新プラン「ChatGPT Team」は企業による利用を想定したサービスだ。競合製品であるCopilotとの違いを踏まえて、ChatGPT Teamの特徴やメリットを解説する。

/tt/news/2403/26/news05.jpg
Javaの代替言語Kotlinの魅力【後編】

Java経験者が「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由

プログラミング言語「Java」の代替言語に位置付けられる「Kotlin」。開発者がJavaではなくKotlinを使いたくなるのはなぜか。Java にはないKotlinの利点や魅力を解説する。

/tt/news/2403/23/news03.jpg
GPTカスタマイズの可能性【前編】

“独自ChatGPT”を作れて稼げる「GPT Store」にはどんなアプリがある?

OpenAIが提供を開始したアプリケーションストア「GPT Store」は、ChatGPTのLLM「GPT」の活用方法を大きく変える可能性がある。何ができるのか。

/tt/news/2403/22/news10.jpg
メインフレームは生き残るのか?【中編】

「脱メインフレーム」に踏み切れない企業の“3つの本音”とは?

クラウドサービスの発展によりメインフレーム脱却の機運が高まるが、企業はまだしばらくの間メインフレームを使い続ける見込みだ。脱メインフレームが難しい3つの理由を解説する。

/tt/news/2403/22/news12.jpg
LLMで変わる開発【前編】

「生成AIでアプリ開発」がもたらす、効率化どころじゃない“根本的な変化”とは

大規模言語モデル(LLM)などのAI技術を用いたアプリケーション開発は、従来の開発と何が違うのか。考慮すべきポイントと併せて解説する。

/tt/news/2403/22/news07.jpg
Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【前編】

Pythonで目にする“謎”の構文「if __name__ == “__main__”」とは?

「Python」のプログラミングでは、「if __name__ == “__main__”」という構文を目にすることがある。この構文が持つ役割は何か。どのような場面で用いるのか。簡単な例を挙げて解説する。

/tt/news/2403/20/news02.jpg
2大開発手法を比較【後編】

「ウオーターフォール」が好きな企業、「アジャイル」に失敗する企業の特徴

従来は「ウオーターフォール」型開発が主流だったシステム開発で、「アジャイル」型開発に移行する企業の動きが目立つ。しかし、移行は一筋縄ではいかない。

/tt/news/2403/19/news10.jpg
Javaの代替言語Kotlinの魅力【前編】

もうJavaには戻れない? 開発者が「Kotlin」を好きになる5つの理由

幅広い開発に使えるプログラミング言語「Kotlin」は、「Java」に代わる選択肢になる。JavaではなくKotlinを使う理由は何か。その魅力を解説する。

/tt/news/2403/18/news11.jpg
規制が進む「Cookie」問題【後編】

Chrome「サードパーティーCookie」廃止後に使える“2大代替手段”はこれだ

プライバシーの観点から、“脱サードパーティーCookie”の流れが加速する見込みだ。GoogleはChromeにおけるサードパーティーCookie廃止に乗り出した。代替手段はあるのか。

/tt/news/2403/15/news09.jpg
メインフレームは生き残るのか?【前編】

「メインフレーム脱却」を拒み続ける“亡霊”の正体

終わりが近いとささやかれてきた「メインフレーム」は、依然として現役で企業ITの中心的な役割を担っている。企業が“脱メインフレーム”に踏み切らない背景には、何があるのか。

/tt/news/2403/14/news09.jpg
待ち受けるのは波乱か?

アプリストア“高過ぎる手数料”訴訟 なぜAppleは勝ち、Googleは負けたのか?

オンラインゲーム「フォートナイト」の開発元Epic Gamesは、GoogleとAppleが独禁法に違反しているとして両社を提訴した。明暗が分かれたその判決がもたらすIT業界の末路とは。

/tt/news/2403/13/news01.jpg
Javaの10個のメリット【第5回】

なぜ今こそ「Java」なのか? 使いやすい言語な訳

アプリケーション開発で企業が使いやすいプログラミング言語は幾つか存在し、その一つがJavaだ。Javaを使うことで得られるメリットについて、言語的な特性から見た2点を紹介する。

/tt/news/2403/13/news07.jpg
2大開発手法を比較【中編】

「ウオーターフォール」ではなく「スクラム」との相性が良い開発とは?

アジャイル開発の代表的なフレームワークである「スクラム」は、どのような開発チームやプロジェクトに適するのか。スクラムの具体的な流れと併せて解説する。

/tt/news/2403/11/news06.jpg
規制が進む「Cookie」問題【前編】

Googleの「サードパーティーCookie廃止」がWeb市場を“激震”させる予感

Googleはプライバシーの懸念に対処するため、ChromeのサードパーティーCookie廃止に踏み切る。これによってどのような影響があるのか。今後の同社の計画とは。

/tt/news/2403/08/news09.jpg
一度はGoogleに“見捨てられた”が……

次世代画像フォーマット「JPEG XL」再流行の兆し――開発者が語る激動の歴史

「JPEG XL」は、「JPEG」の後継として、JPEGが抱えているさまざまな課題を解決する次世代規格だ。ただし普及への道のりは半ばだといえる。その歴史を、JPEG XLの開発者が語る。

/tt/news/2403/07/news04.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

「#」はシャープじゃなかった? “謎”のIT用語11選

IT業界では、独特な頭字語や略語、謎めいた言葉が幾つも生まれてきた。コミュニケーションの中で急に登場しても慌てたり、誤解したりしないために、知っておきたい11個の技術用語とスラングを紹介する。

/tt/news/2403/07/news10.jpg
2大開発手法を比較【前編】

いまさら聞けない「ウオーターフォール」と「アジャイル」の基本的な違い

代表的なシステム開発手法として、ウオーターフォール型開発とアジャイル型開発がある。それぞれどのようなルーツや特徴を持つのか、基本をおさらいしよう。

/tt/news/2403/06/news01.jpg
Javaの10個のメリット【第4回】

「Java」とはどんな言語で、なぜ魅力的なのか?

「Java」は型を明示する「静的型付け」言語であり、オブジェクトを中心に据えた「オブジェクト指向」言語でもある。これらの特性はどのようなメリットをもたらすのか。

/tt/news/2403/06/news05.jpg
失敗しないセキュアコーディング【後編】

安全なコードを書いただけでは「セキュアコーディング」にならないのはなぜ?

ソフトウェア開発ライフサイクルにおいて、リスクを削減、管理するために「セキュアコーディング」に取り組むことは重要だが、その方法を誤解してはいけない。コーディング以外にも注意すべきこととは。

/tt/news/2403/01/news10.jpg
失敗しないセキュアコーディング【前編】

「セキュアコーディング」に取り組んでもセキュアにならない本当の理由

ソフトウェア開発において、ソースコードのセキュリティを確保することは、ソフトウェアのリスクを管理するための複雑なプロセスの一つに過ぎない。真の「セキュア」を実現するには、何をすべきなのか。

2 月

/tt/news/2402/28/news01.jpg
Javaの10個のメリット【第3回】

人気言語「Java」が進化をやめない裏には“あの人”がいた

企業がアプリケーション開発に「Java」を選択すべき理由は幾つかある。Javaを支える専門家の功労と、機能の実装スピードは、Javaを利用する上でどのように有効なのか。

/tt/news/2402/26/news01.jpg
プロンプトエンジニアリングツール7選【後編】

プロンプト作成を助けてくれる「Prompter」「PROMPTMETHEUS」「FusionAI」とは

生成AIの中でも、テキストを生成するAIからより良い答えを引き出すための技法を「プロンプトエンジニアリング」と呼ぶ。そのために活用できる3つのツールとは。

/tt/news/2402/24/news02.jpg
「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【後編】

「オフィスに戻りたくない」が本音 今こそ出社よりVR/AR?

テレワークが企業において当たり前になった現代では、テレワーカーのコラボレーションを支援し、新たな働き方における生産性を向上させることが鍵となる。活躍が期待されるVR/AR技術とは。

/tt/news/2402/23/news03.jpg
老舗自動車メーカーのデータ活用術【後編】

クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由

Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。

/tt/news/2402/22/news07.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

「スクラム」と「カンバン」の違いとは? アジャイル型開発手法を徹底比較

「スクラム」と「カンバン」は、どちらも「アジャイル」型開発を実践するための開発手法だ。それぞれの考え方や進め方の違い、適する用途を紹介しつつ、両者の“いいとこ取り”をする方法を探る。

/tt/news/2402/22/news14.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

今と昔の「プログラミング」は何が全然違うのか?

メインフレームからオープンシステムへの移行など、コンピュータの常識が変わるのに合わせて「プログラミング」は絶えず変化してきた。「過去」と「現在」のプログラミングには、どのような違いがあるのか。

/tt/news/2402/21/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

「IaC」(Infrastructure as Code)は“もろ刃の剣” その理由とは?

インフラの環境構築作業をプログラムで実行する「IaC」(Infrastructure as Code)には、構築速度の速さといったメリットもあるがデメリットもある。導入に失敗する人が見落としがちな課題とは。

/tt/news/2402/21/news01.jpg
Javaの10個のメリット【第2回】

「Java」は学びやすいって本当? 使われる納得の訳

「Java」は企業におけるアプリケーション開発の中心的存在だ。Javaのさまざまなメリットのうち、「性能」「習得難易度」の2つを取り上げる。

/tt/news/2402/02/news07.jpg
プロンプトエンジニアリングツール7選【中編】

「PromptAppGPT」「PromptSource」で生成AIのプロンプトはどう変わるのか

LLM(大規模言語モデル)をベースにしたチャットbotからより良い回答を得るには、より良いプロンプトが必要だ。そのために活用できる「プロンプトエンジニアリングツール」のうち2つを取り上げる。

/tt/news/2402/13/news04.jpg
これで分かる「DevSecOps」の課題と解決【第4回】

知らないと損する「RASP」とは? 「Webアプリの脆弱性対策=WAF」はもう古い

Webアプリケーションの脆弱性対策として、広く利用されている「WAF」。実はWAFは、幾つかの問題を抱えている。それらの課題を解消した新たな手段である「RASP」の特徴とは。

/tt/news/2402/17/news03.jpg
「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【前編】

AppleのHMD「Apple Vision Pro」は“50万円超え”でも売れるのか?

オンラインでコラボレーションをする際、没入的な3D空間でのやりとりが生産性の向上につながる可能性がある。Appleが2024年に発売したHMD「Apple Vision Pro」がこれを後押しするとの見方がある。本当なのか。

/tt/news/2402/16/news06.jpg
老舗自動車メーカーのデータ活用術【中編】

英自動車メーカーのDXを支える人材育成制度「アプレンティスシップ」とは

Bentley Motors初の最高データ責任者を務めるアンディ・ムーア氏は、同社のデータ戦略において「データサイエンティストの育成と確保」を重視した。その施策の一つ「アプレンティスシップ制度」とは何か。

/tt/news/2402/14/news10.jpg
Javaの10個のメリット【第1回】

なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由

登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。

/tt/news/2402/13/news03.jpg
ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第4回】

「ローコード開発」の価値はユーザー次第 “隠れた才能”は誰?

ITに詳しくない従業員でもアプリケーションを開発できるようになるローコード/ノーコード開発ツールに、企業は期待を寄せている。自社のニーズを見失わずに、ローコード/ノーコード開発ツールを使いこなすには。

/tt/news/2402/13/news01.jpg
11個のクールな技術用語とスラング【第5回】

「#」はシャープじゃないし「@」はあれじゃない 呼称が“謎”のIT用語

IT業界の独特な技術用語やスラングは、知らないまま目にすると何を表すのか理解しづらいことがある。「モンキーテール」「バグスプラット」「オクトソープ」と呼ばれるものは、それぞれ何を指すのか。

/tt/news/2402/12/news06.jpg
プロンプトエンジニアリングツール7選【前編】

生成AIの回答を「指示の出し方」で洗練させるプロンプトエンジニアリングとは

LLM(大規模言語モデル)を活用しようとするエンドユーザーにとって、望ましい出力を生成させるために鍵となるのが「プロンプトエンジニアリング」だ。どのようなものなのか。実施するためのツールとは。

/tt/news/2402/09/news06.jpg
老舗自動車メーカーのデータ活用術【前編】

顧客体験の向上で将来を見据える ベントレーモーターズCDOインタビュー

Bentley Motorsのアンディ・ムーア氏は、データ活用の重要性を認識しデータオフィスを設立し、その後最高データ責任者(CDO)になった。CDO登用までの道のりは。

/tt/news/2402/08/news02.jpg
VMware製品を巡る今後【後編】

「VMware買収」の“全容”見えず VDI含む一部事業の行く先は?

Broadcomは、2023年11月に買収を完了させたVMwareの一部事業を売却する意向だと公表した。売却は本当に成立するのか。今後どのように進む見込みなのかを解説する。

/tt/news/2402/06/news04.jpg
Microsoftデータ分析ツールの進化【後編】

非構造化データのための「ベクトル検索」にも着目 MicrosoftのAI向け新機能

Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI技術を活用した新製品や新機能を発表した。データベース分野ではどのような発表があったのか。

/tt/news/2402/06/news03.jpg
ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第3回】

「ローコード/ノーコード」の真の目的とは? 会社を変える“市民開発者”たち

事業部門の従業員がアプリケーションを開発できるようになることを期待して、企業はローコード/ノーコード開発ツールに目を向けている。メリットはそれだけではない。実際の導入事例を交えて説明する。

/tt/news/2402/06/news01.jpg
11個のクールな技術用語とスラング【第4回】

「論理否定演算子」「シェバン」は何を指す? “あの記号”のなるほどの意味

IT業界における技術用語やスラングは、独特な響きを持っている。ソフトウェアエンジニアがよく使う専門用語の中から、「論理否定演算子」「シェバン」の意味と利用方法を説明する。

1 月

/tt/news/2401/30/news08.jpg
Microsoftデータ分析ツールの進化【中編】

Copilot搭載の「Microsoft Fabric」で“データ専門家の仕事”はどう変わるのか?

MicrosoftのAIアシスタント「Copilot」がMicrosoft Fabricにも搭載される。具体的に何ができるのか。データ専門家にはどのような影響があるのか。

/tt/news/2401/30/news04.jpg
ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第2回】

「ローコード」には限界が……それでも“市民開発”が期待される理由

ローコード/ノーコード開発ツールに対する期待は高まる一方で、「限界がある」という意見も存在する。実際のところ何に役立ち、どのようなリスクを抱えているのか。“市民開発”に踏み切る企業の理由とは。

/tt/news/2401/30/news01.jpg
11個のクールな技術用語とスラング【第3回】

「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」とは? 知っておくと便利なIT用語

IT業界には幾つもの独特な技術用語やスラングがある。プログラミングにおいて、「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」はどのような場合に用いることができるのか。

/tt/news/2401/27/news02.jpg
HaskellとPureScript【後編】

「PureScript」が「JavaScript」より優れる点、劣る点 開発に役立つのは?

「PureScript」は「JavaScript」に変換されることを目的としたプログラミング言語だ。強力な型システムや型推論といった、PureScriptが備える特徴と、活躍する場面を紹介する。

/tt/news/2401/25/news05.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

C++でもRustでもないプログラミング言語「Carbon」とは?

「Carbon」は、Googleが開発したプログラミング言語だ。その目的は「C++」が抱える問題を解消することにある。CarbonはC++やその他のプログラミング言語と何が違い、どのような場面で役立つ可能性があるのか。

/tt/news/2401/23/news10.jpg
Microsoftデータ分析ツールの進化【前編】

データ分析ツール群「Microsoft Fabric」とは OneLake、BIをまとめた利点は?

Microsoftは2023年11月、データ管理やデータ分析など一連のツールを備える「Microsoft Fabric」を発表した。その具体的な機能と、企業にとってのメリットを紹介する。

/tt/news/2401/23/news09.jpg
ローコード/ノーコード開発の利点と注意点【第1回】

「ローコード開発」にやってくる幻滅期 “悲しい末路”を避けるには?

開発者の人材不足に対処する方法として、企業はローコード/ノーコード開発に期待を寄せている。ただしローコード/ノーコード開発ツールを使う際は、幾つかのリスクに注意を払わなければいけない。それは何か。

/tt/news/2401/23/news03.jpg
11個のクールな技術用語とスラング【第2回】

「Null条件演算子」「エルビス演算子」とは? IT用語になぜエルビス?

IT業界の技術用語やスラングは独特だ。「Null条件演算子」「エルビス演算子」はどのような演算子を指し、どのような場合に用いることができるのかを解説する。

/tt/news/2401/20/news02.jpg
HaskellとPureScript【前編】

「Haskell」は何ができるプログラミング言語? 4つの特徴とは

「Haskell」は、シンプルな構文ながらも強力な型システムを備えるプログラミング言語だ。Haskellが持つ4つの特徴「遅延評価」「不変性」「厳密な型」「モナド」を解説する。

/tt/news/2401/19/news03.jpg
EVレーシングカーの改良【後編】

デジタルツインで進化する「フォーミュラE」はF1並み――開発者が語る魅力とは

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」には、F1とは違うフォーミュラEならではの面白さがある。Jaguarのレーシングチームのエンジニアにその魅力を聞いた。

/tt/news/2401/17/news09.jpg
ローコードで簡単に業務改善

英銀行が「ローコード」でアプリ開発 “うれしい成果”を生んだ方法とは?

英国の銀行Shawbrook Bankは、ローコード開発によってビジネスプロセス変革に取り組んだ。その具体的な方法と成果を解説する。

/tt/news/2401/16/news12.jpg
11個のクールな技術用語とスラング【第1回】

「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは? “謎のIT用語”の正体

さまざまな独特の用語であふれているIT業界。その用語のうち「宇宙船演算子」「破滅のピラミッド」とは何かを解説する。

/tt/news/2401/12/news07.jpg
EVレーシングカーの改良【中編】

車体ではなく「デジタルツイン」がレースの勝敗を分ける――その開発の裏側

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」出場チームのエンジニアは、「デジタルツインが勝敗の鍵を握る」と話す。デジタルツインでどのように高速化を実現するのか。

/tt/news/2401/09/news10.jpg
クラウドでのシステム構築を成功させるには【後編】

クラウドネイティブな「ローコード開発」とは? リフト&シフトは駄目なのか?

クラウドアプリ開発を成功に導くためには、「クラウドネイティブ」の原則を実践することが効果的だ。押さえるべきポイントを紹介する。

/tt/news/2401/05/news06.jpg
EVレーシングカーの改良【前編】

電気自動車のF1「フォーミュラE」の進化が“意外なほど”に面白い理由

電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」の出場チームは、デジタルツインなどの技術を活用して車体の改良を重ねている。EV特有の技術条件などを解説する。

/tt/news/2401/04/news04.jpg
TechTargetジャパンエンジニア読本集

「できるエンジニア」が使う“魔法の言葉”と、絶対に言わない“あのワード”

職場でさまざまな問題にぶつかる若手技術者が、自分の能力を最大限に発揮できるようになるためには、行動を変えることが役立つ場合がある。何をどのように変えればよいのか。キャリアアドバイザーの助言をまとめた。

/tt/news/2401/04/news01.jpg
Microsoftが「Azure AI」に新機能投入【後編】

NVIDIA、OpenAIとコラボするMicrosoft「Azure強化」の中身とは

Microsoftは2023年11月、AI技術に関する新サービスや新機能を相次いで発表した。同社がNVIDIAとの連携を強化して取り組もうとする「Microsoft Azure」のサービス強化などのアップデート情報を取り上げる。