「スクラム」と「カンバン」の違いとは? アジャイル型開発手法を徹底比較TechTargetジャパンエンジニア読本集

「スクラム」と「カンバン」は、どちらも「アジャイル」型開発を実践するための開発手法だ。それぞれの考え方や進め方の違い、適する用途を紹介しつつ、両者の“いいとこ取り”をする方法を探る。

2024年02月22日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「アジャイル」型開発は、小規模な変更を短期間のうちに繰り返す開発手法を指す。アジャイル型開発を実践するための手法は幾つかあり、代表的な例が「スクラム」と「カンバン」だ。

 本資料は、スクラムとカンバンの違いに焦点を当てて、それぞれの特徴を解説。どちらが自社のプロジェクトに適するのかを判断するためのヒントを提供する。「アジャイル型開発の知識を深めたい」「開発プロセスを効率化したい」と考えている人に、ぜひお読みいただきたい。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:スクラムとカンバンの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。