「.NET Core」が「マイクロサービス」アプリケーションの開発に役立つ理由「.NET Framework」からの脱却は実現するか【中編】

「.NET Core」は、「.NET Framework」の後継としてMicrosoftが公開したアプリケーション開発・実行環境だ。.NET Coreがアプリケーション開発においてどのような場面で有用なのかを解説する。

2022年03月02日 08時15分 公開
[Kerry DoyleTechTarget]

 Microsoftは、同社が提供するアプリケーション開発・実行環境「.NET Framework」の後継として「.NET Core」を提供済みだ。にもかかわらず、企業は依然として.NET Frameworkを使い続けている。

 .NET Frameworkの誕生から時がたち、レガシーアプリケーションの改修に追われる開発者は、あることを痛感するようになった。現代のアプリケーション開発に欠かせない動的なアプリケーション配備機能を実装できる手段の必要性だ。そうした手段としてMicrosoftが提供を始めたのが、.NET Coreだった。

マイクロサービスアプリケーション開発に「.NET Core」が役立つ理由

 開発者は.NET Coreを使うことでクロスプラットフォーム(OS非依存)のアプリケーション開発が可能だ。.NET Coreで開発したアプリケーションは、「Windows」だけでなく「Linux」や「macOS」でも動作する。アプリケーションを機能などの細かい単位で切り分ける「マイクロサービスアーキテクチャ」を適用したアプリケーション(マイクロサービスアプリケーション)も実装できる。マイクロサービスアプリケーションの実装に役立つ、コンテナでの運用を前提にしたアプリケーションの開発も可能だ。

 NET Coreには、開発したアプリケーションをさまざまなシステムに一様に配備できる仕組みがある。この仕組みは、開発したアプリケーションをWindows、Linux、macOSといった複数のOSで稼働させる必要がある場合に有効活用できる。

 マイクロサービスアプリケーションの開発にコンテナを使用する場合、.NET Coreを使うことでアプリケーションの配備、デバッグ、更新、管理の簡略化につながる。クロスプラットフォームのアプリケーション開発として、アプリケーションをオンプレミスインフラで稼働するLinuxやWindowsマシン内の「Docker」コンテナに配置したり、「Azure Kubernetes Service」といったコンテナのクラウドサービスに配置したりすることが可能になる。Dockerはコンテナ管理ソフトウェア。Azure Kubernetes Serviceは、コンテナの運用管理を自動化するコンテナオーケストレーター「Kubernetes」のクラウドサービスだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...