“パスワードのいらない世界”の実現には「マルチベンダー」が現実的な理由パスワードレス化への道のり【第3回】

アナリストによると、企業がパスワードレス認証を実装するには、単一ベンダーではなく複数ベンダーの製品を採用する方が適切だ。その理由と、具体的に活用できるツールを紹介する。

2022年03月03日 08時15分 公開
[Kyle JohnsonTechTarget]

 パスワードを使わない認証「パスワードレス認証」を採用する際、企業が考慮すべき4つのポイントを紹介する本連載。1つ目を紹介した第1回「“パスワードのいらない世界”への道 『パスワードレス認証』の第一歩とは」、2つ目と3つ目を紹介した第2回「“パスワードのいらない世界”実現に『ゼロトラスト』『行動生体認証』が役立つ理由」に続く本稿は、4つ目のポイントを紹介する。

ポイント4.複数ベンダーの製品を導入する

 パスワードレス認証は登場からまだ日が浅い。「パスワードレス認証を実現する製品が市場に出回りつつあるが、それらはまだ比較的新しい」と、調査会社Forrester Researchでアナリストを務めるショーン・ライアン氏は説明する。

 今のところ、あらゆるパスワードレス認証の利用シーンで使える製品を提供できているベンダーはほとんどない。1つの利用方法でのみパスワードレス認証が必要な企業ならば、特定のベンダー1社の製品を導入すればよい場合がある。例として、主に「Windows」デバイスを使っている企業であれば、顔認証機能「Windows Hello for Business」を導入すれば済む。だがWindowsデバイスと「macOS」デバイスを利用している場合のように、複数のデバイスやアプリケーションでパスワードレス認証が必要な企業は、単一ベンダーの製品・機能に絞ることは必ずしも適切ではない。

 幅広い利用方法でパスワードレス認証が必要な企業は、複数ベンダーの製品を導入する「マルチベンダー」が現実的だ。全てのパスワードレス認証の用途で利用可能な製品を1社のベンダーが提供できる日が来るとしても、すぐにそうはならないだろう。

 しばらくの間、パスワードレス認証を実現する製品が乱立すると考えられる。「ベンダーはさまざまな実験をして、多種多様な認証方法を試すはずだ」とライアン氏は推測する。現在の有力な選択肢としては、パスワードレス認証を専門に取り扱うベンダーの製品に加え、ID管理ベンダーが提供しているパスワードレス認証機能がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...