2021年10月15日 08時00分 公開
特集/連載

パスワードはもういらない 「Microsoftアカウント」パスワードレス化の意味「パスワード忘れ」の苦労も昔話に?

Microsoftは、これまで法人ユーザーにしか提供していなかったパスワードレス認証を、一般ユーザーにも開放する。専門家や同社が考えるパスワードレス認証のメリットとはどのようなものか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 Microsoftは2021年9月、同社サービスの共通アカウント「Microsoft account」(Microsoftアカウント)を持つ全てのエンドユーザーがパスワードレス認証を利用できるようにした。パスワードの代わりに、

  • 生体認証エンジン「Windows Hello」
  • 認証用モバイルアプリケーション「Microsoft Authenticator」
  • セキュリティキー(物理的な認証用デバイス)
  • SMS(ショートメッセージサービス)やメールで受け取った数字による認証

を使用できるようにすると発表した。これにより法人ユーザーだけでなく一般ユーザーも、パスワードレス認証でMicrosoftアカウントにログインできるようになる。

“パスワード認証依存”から卒業しよう

 パスワードレス認証に切り替えるには、Microsoftアカウントにログインして設定する必要がある。Microsoftはパスワードレス認証を2021年3月から法人ユーザーに提供しており、今回の発表から数週間かけて提供対象を全ユーザーに広げる。

 企業はパスワードレス認証を選択することで、フィッシング(なりすましによる詐欺)攻撃を防御するとともに、複数のパスワードを管理する手間を省く。

 英バーミンガム市議会のデータアナリストであるスティーブン・ブース氏は、パスワードレス認証はIT部門の負担を軽減するとみる。市議会では、過去にはサービスデスクへの要請が、パスワード忘れに関するものが約半分を占めたことがあるとブース氏は説明する。

 パスワードは、悪意のある攻撃者に盗まれて悪用される可能性がある。エンドユーザーが複数サービスで同じパスワードを使い回したり、推測しやすいパスワードを使用したりすることも少なくない。

 Microsoftが実施した調査では、ペットの名前をパスワードに使用したり、複数のWebサイトに同じパスワードを使い回したりしていた人が一定数いる。名前と西暦を組み合わせてパスワードを作成している人もいるという。「そのようなパスワードは覚えやすいが、攻撃者に推測されやすい」と、同社でセキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティー担当バイスプレジデントを務めるバス・ジャッカル氏は指摘する。

 2015年にMicrosoftが提供を開始したWindows Helloは、赤外線カメラを使った「Windows」へのログインを可能にする。同社はMicrosoftアカウントのパスワードレス機能導入や、Microsoft製品以外でのセキュリティ強化の取り組みを進めてきた。例えばWebブラウザ「Microsoft Edge」には、Webブラウザにパスワードを保存できるパスワード管理機能がある。

 ジャッカル氏によると、Microsoft社内でパスワードレス認証を導入したところ、従業員のほぼ100%が企業アカウントへのログインにパスワードレス認証を使用するようになった。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...