2021年10月15日 08時00分 公開
特集/連載

パスワードはもういらない 「Microsoftアカウント」パスワードレス化の意味「パスワード忘れ」の苦労も昔話に?

Microsoftは、これまで法人ユーザーにしか提供していなかったパスワードレス認証を、一般ユーザーにも開放する。専門家や同社が考えるパスワードレス認証のメリットとはどのようなものか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 Microsoftは2021年9月、同社サービスの共通アカウント「Microsoft account」(Microsoftアカウント)を持つ全てのエンドユーザーがパスワードレス認証を利用できるようにした。パスワードの代わりに、

  • 生体認証エンジン「Windows Hello」
  • 認証用モバイルアプリケーション「Microsoft Authenticator」
  • セキュリティキー(物理的な認証用デバイス)
  • SMS(ショートメッセージサービス)やメールで受け取った数字による認証

を使用できるようにすると発表した。これにより法人ユーザーだけでなく一般ユーザーも、パスワードレス認証でMicrosoftアカウントにログインできるようになる。

“パスワード認証依存”から卒業しよう

 パスワードレス認証に切り替えるには、Microsoftアカウントにログインして設定する必要がある。Microsoftはパスワードレス認証を2021年3月から法人ユーザーに提供しており、今回の発表から数週間かけて提供対象を全ユーザーに広げる。

 企業はパスワードレス認証を選択することで、フィッシング(なりすましによる詐欺)攻撃を防御するとともに、複数のパスワードを管理する手間を省く。

 英バーミンガム市議会のデータアナリストであるスティーブン・ブース氏は、パスワードレス認証はIT部門の負担を軽減するとみる。市議会では、過去にはサービスデスクへの要請が、パスワード忘れに関するものが約半分を占めたことがあるとブース氏は説明する。

 パスワードは、悪意のある攻撃者に盗まれて悪用される可能性がある。エンドユーザーが複数サービスで同じパスワードを使い回したり、推測しやすいパスワードを使用したりすることも少なくない。

 Microsoftが実施した調査では、ペットの名前をパスワードに使用したり、複数のWebサイトに同じパスワードを使い回したりしていた人が一定数いる。名前と西暦を組み合わせてパスワードを作成している人もいるという。「そのようなパスワードは覚えやすいが、攻撃者に推測されやすい」と、同社でセキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティー担当バイスプレジデントを務めるバス・ジャッカル氏は指摘する。

 2015年にMicrosoftが提供を開始したWindows Helloは、赤外線カメラを使った「Windows」へのログインを可能にする。同社はMicrosoftアカウントのパスワードレス機能導入や、Microsoft製品以外でのセキュリティ強化の取り組みを進めてきた。例えばWebブラウザ「Microsoft Edge」には、Webブラウザにパスワードを保存できるパスワード管理機能がある。

 ジャッカル氏によると、Microsoft社内でパスワードレス認証を導入したところ、従業員のほぼ100%が企業アカウントへのログインにパスワードレス認証を使用するようになった。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...