2021年10月14日 05時00分 公開
特集/連載

“賃金格差のない社会”実現のためにカリフォルニア州は何をするのか?米国で進む「同一労働同一賃金」【後編】

賃金格差解消のために、米国の一部の州は新しい法令を定めている。カリフォルニア州はどのような施策を実施するのか。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

人事


 前編「『賃金データの報告』義務化で新たに生じた『HR Tech』のニーズとは」は、米国カリフォルニア州やイリノイ州で進む「同一労働同一賃金」法制化について解説した。後編は、同一労働同一賃金の実現に向けたカリフォルニア州の取り組みについて専門家に聞く。

 法律事務所Slate Law GroupのCEO兼マネージングパートナーを務めるケリー・デュフォード・ウィリアムズ氏によると、カリフォルニア州は同じポジションの従業員の待遇を変えることを認めていない。

賃金格差をなくすために、カリフォルニア州は何をするのか

 カリフォルニア州は、雇用主に従業員の賃金データの報告を求める法令を新しく導入した。ウィリアムズ氏の説明によると、同州は雇用主の報告書に「違和感がある」場合、無作為に監査および調査を実施し、この新しい制度に沿ってしかるべき対処をする可能性がある。

 自治体が従業員の賃金を詳細に確認し、従業員間で給与格差がある理由を正当化できるかどうかを企業に自問自答させるよう義務付ける――。こうした自治体の施策は「意義がある」とウィリアムズ氏は考えている。

 米国全土の雇用主は既に、米国証券取引委員会(SEC)が要求する「人的資本の情報開示」の準備に必死に取り組んでいると、調査会社Lighthouse Research & Advisoryで最高研究責任者(CRO)を務めるベン・ユーバンクス氏は説明する。SECはダイバーシティーに関する統計や同一労働同一賃金のデータなどに関心を示している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...