2023年02月27日 10時00分 公開
特集/連載

消費者をだます「フェイクレビュー」を野放しにしてはいけない理由フェイクレビュー対策に乗り出す米国【後編】

偽の商品レビュー「フェイクレビュー」は、消費者だけではなく、企業にも負の影響を及ぼす可能性がある。企業が注視すべき影響とは何なのか。対処法はあるのか。

[Makenzie HollandTechTarget]

 商品レビューは、消費者の購買行動に欠かせない情報になった。販売消費者を欺く商品レビュー「フェイクレビュー」を野放しにすると、どのような影響があるのか。フェイクレビューから消費者を保護するには、どうすればよいのか。

フェイクレビューがもたらす“想像以上の悪影響”とは

 「フェイクレビューが野放しにされれば、商品レビューへの信頼を損ない、長期的な弊害をもたらす可能性がある」。非営利団体の全米消費者連盟(NCL:National Consumers League)で公共政策、通信、詐欺対策担当のバイスプレジデントを務めるジョン・ブレイヨールト氏は、こう警告する。

 商品レビューは「消費者が購入の意思決定をするときに役立つ、重要な情報源だ」とブレイヨールト氏は指摘。「手をこまねいていれば、いずれは商品レビューが消費者の役に立たなくなるのは目に見えている。その影響は甚大だ」と警鐘を鳴らす。

 連邦取引委員会(FTC)は2022年10月発表のプレスリリースで、フェイクレビューや虚偽の宣伝に対抗するルールの策定を検討すると発表。そうしたルールに盛り込むべき内容について、関係者に意見を求める意向を示した。

 ブレイヨールト氏は、投稿に応じたインセンティブがある商品レビューに対して、「インセンティブが付いている商品レビューであること」を明示すべきだと考えている。商品レビューを読む企業や消費者に対する透明性を確保するためだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...