「ChatGPTの衝撃」の3年前には既に始まっていたMicrosoftとOpenAIの“蜜月”MicrosoftとOpenAIのタッグがもたらす意味【第1回】

OpenAIの「ChatGPT」に世界が湧いている。この盛り上がりの気配すらない頃から、MicrosoftはOpenAIへの投資を継続してきた。2019年に始まった、MicrosoftのOpenAIへの投資を振り返る。

2023年03月02日 10時30分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 さまざまな臆測が飛び交う中、Microsoftは人工知能(AI)技術ベンダーOpenAIに対して、複数年にわたって数十億ドルを投資する計画を認めた。OpenAIはAI技術を活用したチャットbot(AIチャットbot)「ChatGPT」や、画像生成AIエンジン「DALL・E 2」を手掛ける。MicrosoftがOpenAIに投資するのは、これが初めてではない。

全ては「2019年」に始まった

 両社が初めて提携したのは2019年のことだ。同年7月、MicrosoftはOpenAIへの10億ドルの投資を発表した。2021年には、OpenAIの自然言語処理AIモデル「GPT-3」の独占ライセンスを獲得した。今回の投資は、OpenAIが独自に進めるAIモデルの研究開発スピードを上げるために、専用のスーパーコンピュータの開発と配備を進めることが目的だとMicrosoftは説明する。

 Microsoftは、同社の企業向けと一般消費者向けの製品に、OpenAI製のAIモデルを導入する。一例として、OpenAI製のAIモデルを使用できるAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)サービス「Azure OpenAI Services」がある。継続してOpenAIの研究開発を支援する意向だ。

 2022年11月、OpenAIはChatGPTを公開した。ChatGPTは正確性に対する懸念や盗作を助長する可能性が取り沙汰される中でも、世界中で利用が急速に広がっている。例えばChatGPTは、以下を実行可能だ。

  • 文章の執筆
  • プログラムのソースコードの作成
  • 問い合わせへの事実に沿った回答

 第2回は、Microsoftが今回の投資に踏み切った背景を解説する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...