プログラミング言語「Go」に専門家が渇望する“あの機能”とは?Googleが考える「Go」の未来【第4回】

Googleが示すプログラミング「Go」の改良方針を歓迎する開発者もいれば、物足りなさを感じる開発者もいる。何が議論の的になっているのか。

2023年03月03日 08時15分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

関連キーワード

Google | プログラミング


 自社開発したプログラミング言語「Go」を改良し続けているGoogle。同社は2022年11月開催のオンラインイベント「Go Day 2022」で、Goの改善計画を発表した。

Goに不足している機能とは

 古いソースコードを変更する際に活用できるリファクタリング(プログラムの動作を変えずに内部構造を整理すること)の機能を、より充実させてほしい――。バグ修正ツールベンダーOpenRefactoryのCEO、ムナワ・ハーフェズ氏は、こう期待を寄せる。

 「『破壊的変更』への対処を強化すべきだ」とハーフェズ氏は語る。破壊的変更とは、プログラミング言語のバージョンアップにより、古いバージョンで開発したプログラムが動作しなくなることだ。

 プログラミング言語のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)や、プログラミング言語の体系が変更されたときに、破壊的変更が起こりやすい。「破壊的変更の中には、リファクタリングで直せるものもある。だが大半はそうではない」(ハーフェズ氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。