プログラミング言語「Go」に専門家が渇望する“あの機能”とは?Googleが考える「Go」の未来【第4回】

Googleが示すプログラミング「Go」の改良方針を歓迎する開発者もいれば、物足りなさを感じる開発者もいる。何が議論の的になっているのか。

2023年03月03日 08時15分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

関連キーワード

Google | プログラミング


 自社開発したプログラミング言語「Go」を改良し続けているGoogle。同社は2022年11月開催のオンラインイベント「Go Day 2022」で、Goの改善計画を発表した。

Goに不足している機能とは

 古いソースコードを変更する際に活用できるリファクタリング(プログラムの動作を変えずに内部構造を整理すること)の機能を、より充実させてほしい――。バグ修正ツールベンダーOpenRefactoryのCEO、ムナワ・ハーフェズ氏は、こう期待を寄せる。

 「『破壊的変更』への対処を強化すべきだ」とハーフェズ氏は語る。破壊的変更とは、プログラミング言語のバージョンアップにより、古いバージョンで開発したプログラムが動作しなくなることだ。

 プログラミング言語のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)や、プログラミング言語の体系が変更されたときに、破壊的変更が起こりやすい。「破壊的変更の中には、リファクタリングで直せるものもある。だが大半はそうではない」(ハーフェズ氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。