Googleのプログラミング言語「Carbon」がC++の後継になれない“残念な理由”「Carbon」は「C++」の後継になり得るか【第4回】

「C++」に代わるプログラミング言語として、Googleは「Carbon」を発表した。専門家が指摘する、Carbonの懸念点とは何か。

2022年10月14日 05時00分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

 Googleは、「C++」の後継を目指すプログラミング言語として「Carbon」(Carbon Language)の開発を進めている。Carbonだけではなく、これまで「D」や「Objective-C」といったプログラミング言語によっても、C++の改善が試みられてきた。

だからCarbonは“C++の後継言語”になれない

 Carbonなどの後継言語によるC++の改善が困難な要因は何か。それは

  • C++で書かれた大量のソースコードが、プログラミング言語の切り替えを困難にしてきた

からだと、調査会社Forrester Researchでシニアアナリストを務めるアンドリュー・コーンウォール氏は指摘する。

 C++よりもセキュアなメモリ割り当てなどの機能を持つという理由から、コーンウォール氏が推奨するプログラミング言語は「Rust」だ。ただしRustはC++の代わりとしては「理想的ではない」とコーンウォールは説明する。理由として、RustはC++との互換性がないことがある。

なぜ新しいプログラミング言語の導入は難しいのか

 問題をさらに複雑にするのは「新しいプログラミング言語の導入が、開発者の不満を招くことだ」とコーンウォール氏は語る。開発者はプログラミング言語のバージョンアップ時に、過去のソースコードを見直してアプリケーションが正しく動作するように書き直すことに「これ以上ないほどの不満」(同氏)を感じやすいという。

 通信事業者Mobile TeleSystemsに所属する開発者であり、GoogleのモバイルOS「Android」向けソフトウェアの開発を手掛けるレオニード・イバンキン氏によると、Carbonはまだ実験段階であるため、現時点で企業が採用する可能性は低い。Carbonを大々的に採用する可能性があるのは、プロジェクトに一から着手するスタートアップ(新興企業)だと同氏は考える。

 「歴史が示すように、Googleはプロジェクトを立ち上げるだけではなく、終了させることも可能だ」とイバンキン氏は話す。同氏は

  • 実験的プログラミング言語「Noop」
  • Webアプリケーション用フレームワーク(特定の設計思想に基づくプログラム部品やドキュメント群)「AngularJS」

などを例に挙げ、「開発者を泥沼に引き入れ、うまくいかなかったGoogleのプロジェクトもある」と指摘する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。