プログラミング言語Goが抱える「構造化ロギング」の問題とは? その解決策はGoogleが考える「Go」の未来【第2回】

Googleはプログラミング言語「Go」には、ログに関する“ある問題”が存在するという。それは何なのか。解決策として同社が提唱する手段とは。

2023年01月16日 10時00分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

関連キーワード

Google | プログラミング


 2022年11月、Googleはオンラインイベント「Go Day 2022」を開催。そこでは同社の従業員が、自社開発のプログラミング言語「Go」の改良計画を発表した。Goに関する主な改良計画のうち、2つ目を紹介する。

2.ログにまつわる“あの問題”の解消

 構造化データ形式でログを取得する「構造化ロギング」。そのライブラリ(プログラム部品群)の一つである「slog」を「Goの標準ライブラリにする可能性がある」と、Googleのソフトウェアエンジニアであるジョナサン・アムステルダム氏は説明する。

 Goは「logrus」「zap」といった、さまざまな構造化ロギング用ライブラリを利用できる。そのためログの形式に一貫性を持たせることが難しい問題がある。slogをGoの標準ライブラリにすることで、この問題の解決を目指すという。

 配車アプリケーションベンダーBeatのシニアエンジニアリングマネージャーであるソティリス・マニサリス氏は、Goがslogを標準ライブラリとして導入することを以前から予想していた。「slogの標準ライブラリ化で、Goのログ形式が統一されることを期待している」とマニサリス氏は語る。ビジネスレビューサイトYelpのフルスタック(複数分野に精通した)エンジニアであるジョツナ・ゴーラレ氏は、slogの標準ライブラリ化の見込みに「感銘を受けた」と話す。


 第3回は、Goのデバッグ(エラー修正)用の仕組みである「GODEBUG」の改良計画と、それに対する開発者の声を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...