プログラミング言語Goの「GODEBUG」強化で“古いプログラムが動かない”解消かGoogleが考える「Go」の未来【第3回】

Googleはプログラミング言語「Go」を精力的に改良し続けている。対象の一つがデバッグに使う「GODEBUG」だ。その意図と、考えられる効果とは。

2023年01月23日 08時15分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

関連キーワード

Google | プログラミング


 2022年11月にGoogleが開催したオンラインイベント「Go Day 2022」では、同社が開発するプログラミング言語「Go」の改善計画が明らかになった。Go開発チームが言及した3つの計画のうち、3つ目を紹介する。

3.“古いGoプログラムが動かない”を解消する「GODEBUG」強化

 Goで利用できる環境変数(OS内でデータを共有するための変数)として、デバッグ(エラー修正)用の変数を制御する「GODEBUG」がある。Googleの著名エンジニアであるラス・コックス氏によると、同社はこのGODEBUGの改良を計画している。具体的には、既存のGoプログラムをクラッシュさせる可能性のある変更をGoに加えた場合、GODEBUGでその変更を無効にできるようにする。

 ITサービスコンサルティングベンダーCodenotaryのバルトロミエ・シュビエッキ氏は、こうしたGODEBUGの改良を「大変気に入っている」と話す。過去のバージョンのGoで開発したプログラムが、新しいバージョンのGoで確実に動くことは「今日書いたソースコードを将来的に大きくリファクタリング(プログラムの動作を変えずに内部構造を整理)しなくてよいという安心感がある」とシュビエッキ氏は指摘する。


 第4回は、他の改良計画を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...