Citrix DaaSとVMware Horizonの2大VDIを「セキュリティ機能」で比較 主な違いは?「Citrix DaaS」と「VMware Horizon」を比較【第4回】

「Citrix DaaS」と「VMware Horizon」は、利用可能なセキュリティ機能や、セキュリティ対策に必要なスキルが異なる。この違いはコストにも影響する。両VDI製品群のセキュリティ対策に掛かるコストを比較する。

2023年03月07日 05時00分 公開
[Jo HarderTechTarget]

 「VDI」(仮想デスクトップインフラ)を利用する企業にとって、仮想デスクトップへの安全なリモートアクセスを可能にすることは重要だ。Citrix Systems(以下、Citrix)の「Citrix DaaS」(旧「Citrix Virtual Apps and Desktops」)とVMwareの「VMware Horizon」のどちらのVDI製品群を選択するかによって、利用できるネットワークセキュリティ機能は変わる。両者のコストを比較するときは、安全なリモートアクセスに掛かるコストと、管理者のトレーニングといった間接的に掛かるコストを見積もる必要がある。

Citrix DaaSとVMware Horizonを「セキュリティ機能」で比較

 Citrix DaaSは、CitrixのVPN(仮想プライベートネットワーク)アプライアンス「Citrix Gateway」と組み合わせて導入できる。その他にもF5 Networksのロードバランサー(負荷分散装置)製品群「BIG-IP」やZscalerの同名セキュリティ対策サービスなど、サードパーティー製のネットワークセキュリティ製品/サービスも選択可能だ。

 管理性を重視する場合、Citrix Gatewayを選択するとよい。Citrix DaaSの利用中にインシデントが発生した場合、Citrix製品のサポートサービスが、VDIとネットワークの2つの側面から問題を特定して対処できるようになるためだ。

 Citrix Gatewayの初期設定には、ウィザードが利用できる。ただし複雑な作業になるので、注意が必要だ。複数の要素の設定が必要であり、1つのミスが致命的となる可能性がある。Citrix Gatewayには、VMware Horizonで利用可能な機能もある。

 VMware Horizonは「Unified Access Gateway」(UAG)というネットワークセキュリティ機能が利用可能だ。UAGはオープンソースOS「Linux」をベースにしており、ウィザードに沿って設定できるので導入は難しくない。ただしトラブルシューティングなどの作業にはLinuxの知識が必要となる場合があり、管理コストが増大する可能性がある。

 Citrix GatewayやUAGといったリモートアクセス時のセキュリティ対策は、IT管理者の作業を複雑にする。ネットワークセキュリティ製品を管理する場合、セキュリティや証明書、ネットワーク、ファイアウォール、脆弱(ぜいじゃく)性のパッチ適用などの知識が必要だ。仮想デスクトップのセキュリティ対策に掛かるコストを計算するときは、セキュリティ製品のライセンスコストだけではなく、管理者のトレーニングや製品の管理作業に掛かるコストも考慮する必要がある。


 第5回は、Citrix DaaSとVMware Horizonを選択する際のポイントをまとめる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。