VDIの“想像以上に高い”は「ハイパーバイザー」のせい? その理由とは「Citrix DaaS」と「VMware Horizon」を比較【第2回】

Citrixの「Citrix DaaS」とVMwareの「VMware Horizon」は、利用可能なハイパーバイザーが異なる。この違いはTCOに影響する。両VDI製品群で利用できるハイパーバイザーと、コスト管理の際の注意点を説明する。

2023年02月21日 05時00分 公開
[Jo HarderTechTarget]

 Citrix Systems(以下、Citrix)とVMwareは、「VDI」(仮想デスクトップインフラ)市場の主要ベンダーだ。両社のVDI製品群は「エンドユーザーが仮想デスクトップを利用できるようにする」という点ではほぼ同じだが、細かな機能や特徴が異なる。この違いは、VDI製品群のTCO(総所有コスト)に影響を与える可能性がある。

ハイパーバイザーが“高いVDI”の原因になり得る理由

 ハイパーバイザーは、物理サーバをより小さな仮想サーバ(VM)に分割し、アプリケーションやデータの処理を効率化するためのサーバソフトウェアだ。ハイパーバイザーを使用する場合、IT部門はライセンス契約の内容やロードバランシング(負荷分散)の方法、DR(災害復旧)の方法などを考慮する必要がある。ハイパーバイザーのコストと処理効率は、VDI製品群のTCOに直接影響する。

 VMwareのVDI製品群「VMware Horizon」で利用できるハイパーバイザーの選択肢は、同社の「ESXi」のみだ。ESXiは同社のサーバ仮想化製品群「vSphere」に含まれる。

 CitrixのVDI製品群「Citrix DaaS」(旧「Citrix Virtual Apps and Desktops」)は、ハイパーバイザーとして「Citrix Hypervisor」を含む。Citrix DaaSはCitrix Hypervisorに加え、ESXiやMicrosoftの「Hyper-V」、Nutanixの「AHV」などをハイパーバイザーとして利用できる。Citrix Hypervisorは、過去は「XenServer」という名称だった。Citrixは、旧バージョンのハイパーバイザーであるXenServerを、今でも利用可能にしている。

 IT管理者はCitrix DaaSを利用すれば、低価格または無料のハイパーバイザーを選択できる。そのためCitrix DaaSはVMware Horizonと比較して、ハイパーバイザーのライセンスコストの点で明らかにメリットがあると言える。

 VMware Horizonを導入した企業は、ベンダーロックインのリスクを考慮しながらESXiを使用する必要がある。VMwareは、VMware HorizonとESXiのライセンスを組み合わせて、割引価格で販売(バンドル)することがある。導入後にESXiのライセンスコストが上昇しても、既存のVMware Horizonを別のハイパーバイザーに移行させることはできない。


 第3回は、Citrix DaaSとVMware Horizonの仮想デスクトップイメージの作成と配信の方法を比較する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...