iOS最強ビジネスアプリになりそうな「Outlook for iOS」への期待と不安「Microsoft生まれ」ではないことがネック?

米Microsoftはモバイル版「Microsoft Outlook」にセキュリティ機能を幾つか追加した。だが、より大局的な問題の解決には時間がかかりそうだ。その意外な理由とは。

2015年03月14日 09時00分 公開
[Jake O’Donnell,TechTarget]

 セキュリティの懸念を理由に最近、米Microsoftのメールアプリケーション「Microsoft Outlook」のモバイル版(以下、モバイル版Outlook)を使用禁止にしたIT担当者は、もう一度使用を検討してみるといいかもしれない。

 さらにMicrosoftは、「iOS」および「Android」版の「Microsoft Office」(以下、モバイル版Office)に幾つか新しいセキュリティ機能を追加した。「セキュリティ上の欠陥が複数存在する」との批判が上がっていたからだ。さらにMicrosoftはモバイル版Officeのクロスプラットフォーム性を高めるべく、新たなクラウドストレージサービスとの提携も発表した。

「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad mini 3

TechTargetジャパンは、企業のIT担当者なら知っておきたいIT技術の入門記事を集約したテーマサイト「『知ってるつもり』では恥ずかしい 基礎から学ぶ、新入社員に教えたい『IT新常識』」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleの7.9インチタブレット「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」(色はシルバー)を抽選でプレゼントします。


ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...