待望の「Outlook for iOS」にセキュリティ問題か、ユーザーはがっかり企業での導入は時期尚早か

米Microsoftの新たなメールアプリ「Outlook for iOS」についてセキュリティに関する懸念の声が挙がっている。特に、MDM機能の欠如は多くのIT管理者にとって頭痛の種になり得る。

2015年02月13日 15時00分 公開
[Jake O'Donnell,TechTarget]

 米Microsoftが先日リリースした新たなメールアプリ「Outlook for iOS」は、セキュリティ上の懸念を理由に、企業での利用を制限する動きがある。

 OutlookアプリはiOS/Android版が提供されている。その最大の欠点は、モバイル端末管理(MDM)プラットフォームとの連係機能が備わっていないことだ。多くの企業にとってこれは致命的なデメリットとなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

news093.jpg

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...