2015年02月10日 08時00分 公開
特集/連載

“ビジネス向けiPhone、iPad”の作り方、鍵は「iOS 8」導入MDM、セキュリティ機能強化で企業利用拡大へ

「iOS 8」で、モバイルデバイス管理(MDM)とセキュリティの両方を強化した米Apple。企業利用の拡大を目指して強化された、iOS 8の企業向け機能をおさらいしよう。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | MDM(モバイルデバイス管理) | iPad | VPN


 米Appleは、新モバイルOS「iOS 8」のリリースで企業向け路線をさらに進めた。具体的には、モバイルデバイス管理(MDM)ツール類を投入し、認証セキュリティを整備・強化した。

 iOS 8では、デジタル証明書を使ったシングルサインオン(SSO)で、端末とデータのセキュリティを強化。パスコードの保護対象にできるアプリケーションの種類も増やした。同時に、IT部門が端末を管理するための機能が向上し、データの保護や同期、削除などの操作をこれまで以上に便利にした。

 他のモバイルOSと比べると、iOSは依然として閉鎖的だ。だがAppleは、IT部門と従業員の間の風通しを良くしようと考え、従業員の端末に対するMDM設定に関して相互のコミュニケーションを高める機能を強化している。

iOS 8のMDMとセキュリティの新機能

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...