Airbnbはこのツールで超高速な意思決定を実現、「データ民主化」とは“全員野球”で取り組むデータ活用(1/2 ページ)

民泊サービスのAirbnbは、起業当初からデータの価値を認識していた。同社は、データを「民主化」するツールを構築し、トレーニングを考案した。その結果、従業員はデータサイエンティストへと変貌を遂げた。

2017年11月01日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]
 Airbnb 民泊サービス「Airbnb」のWebサイト《クリックで拡大》

 民泊サービスAirbnbの経営陣はデータの力を強く信じている。従業員には1人残らずデータを活用できるようになってもらいたいと考えるほどにだ。

 「データを戦略的優位性と見ている」とAirbnbでマネジャーを務めるジェフ・フェン氏は述べる。同氏は分析製品と実験プラットフォームのチームを統括する。同氏が率いるチームは、信頼性の高いデータとツールを構築し、4000人以上もの同社の従業員に提供する役割を担っている。

 フェン氏によると、Airbnbではデータの民主化に力を入れているという。この取り組みの中心は、日常業務を行う従業員に、企業データや分析テクノロジーへのアクセスを許可することだ。それにより、従業員は必要な情報を自ら見つけて分析できるようになり、業務効率が向上する。

 アナリストや研究者はこれを賢明な戦略だと考える。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。