2020年12月04日 10時00分 公開
PR

オンプレミスのデータ管理・分析を効率化する「CDP Data Center」設計ガイドデル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー

分散するデータとデータ中心型ワークロードを管理するには、それらを統合し、一元的なデータ管理・活用を可能にするデータ基盤が欠かせない。オンプレミス環境で有力な導入候補となる「CDP Data Center」を例に、そのポイントを見ていこう。

[ITmedia]

 今日のデータプラットフォームには、データの格納と処理の効率化だけでなく、データライフサイクル全体の統合と、データのリアルタイム処理が求められる。その定番の選択肢の1つが、商用Hadoopディストリビューションを統合し、オープンソースによるデータ管理および分析テクノロジーを実現する「Cloudera Data Platform」(CDP)だ。

 そのオンプレミス版である「CDP Data Center」は、データカタログやスキーマ、レプリケーション、セキュリティ、ガバナンスの統合機能を備え、あらゆるクラウド環境の多様なデータの取り扱いを簡素化し、セキュアなデータレイクを容易に構築できる。これにより、ハイブリッド/マルチクラウド環境でセルフサービス型のデータ分析をよりシンプルに実装できるようになる。

 本資料は、そのソフトウェアベンダーであるClouderaと、大手ハードウェアベンダーの連携による、CDP Data Center導入の設計ガイダンスだ。CDP Data Centerの詳細はもちろん、検証済みレファレンスアーキテクチャについても解説している。オンプレミス、クラウドにまたがる拡張性あるデータ基盤の設計・計画・構成を合理化する方法をぜひ確認してもらいたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.