2021年10月07日 10時00分 公開
PR

増加し続けるデータ管理とセキュリティ対策を両立させる鍵とはデータドリブン経営に取組むはじめの一歩

データの急増や質の変化によって、データ管理は転換期を迎えている。クラウドやオンプレミス、エッジなどあらゆる場所に散在しているデータを効率的に管理し、保護する対策も必要だ。専門家が秘策を語った。

[ITmedia]

 データドリブン経営の重要性が叫ばれる今、蓄積したデータを基にした新たなビジネスの創出や業務改善が進んでいる。だが、データ活用で大きな成果を挙げる企業はごく一部だ。データドリブン経営が進まない背景として、データ量の急増と、複雑な非構造化データの処理に企業が対応できていないという問題がある。

 データの増加によってセキュリティの課題も生じている。増え続ける企業データを保存するストレージは、ランサムウェアなどの格好の標的となりやすい。データを安全に管理し、流出や悪用から守る体制を整えることが喫緊の課題だ。

 増加するデータの管理体制を確立し、それらのデータを保護するセキュリティ対策も講じる必要がある。この2つの難題を、できるだけコストや手間を掛けずにクリアするにはどうしたらよいのか。2人の専門家に話を聞いた。


提供:デル・テクノロジーズ株式会社、株式会社網屋
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.