2023年01月27日 10時00分 公開
PR

“データ活用初心者”の企業が取り組むべき最初のステップとはデータ分析システム導入の前に何をすべきか

企業がデータ活用を始めるときに「データが分析できない形式で蓄積されている」「そもそもどうデータ活用すればよいのか分からない」といった課題に直面することがある。こうした課題を解決し、データ活用を成功させるための方法とは。

[ITmedia]

 蓄積したデータを分析し、新たな洞察を得るデータ活用の取り組みは、企業の業績の向上や業務改善において重要性を増している。既にデータ活用で成果を挙げている企業は、先進的な取り組みを進めている。一方でまずはデータに基づく現状把握や意志決定が重要なことを理解していても、何から手を付ければいいのか具体的なイメージがつかめないという悩みを抱える企業もある。企業のデータ活用に関する二極化は、深刻化しつつあると言える。

 データ活用の進捗(しんちょく)状況は、企業の収益に直接的な影響を与える可能性がある。乗り遅れた企業は投資余力を失うという悪循環に陥りかねない。データ活用の取り組みは、現場に散在するあまたの課題を一つ一つ解決する地道な作業だ。全社のさまざまな場所で管理されているデータを“使えるデータ”として活用するには、どのような方法が良いのか。


提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.