2023年12月01日 10時00分 公開
PR

AI時代のデータ活用インフラ整備の正解は? IT部門が最高効率で仕事をする方法野良IoTデータ、膨らむデータ量をどう管理?

データドリブンを目指してデータを蓄積し始めた企業が陥りがちなのが「ためたデータを活用できない」「データを把握し切れない」といった問題だ。オンプレミスやクラウド、エッジに点在するデータを効率よく運用管理する方法が求められる。

[ITmedia]

 クラウド活用やDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが加速する中、データをどう管理してビジネスに活用するかが重要になっている。データをクラウドだけで利用するなら、クラウドにデータを蓄積・分析してクラウドアプリケーションで利用すればいい。そのためのツールやパッケージも整備されてきている。

 ただ、他社との差別化を生むようなデータはこれまで運用してきたオンプレミスの基幹システムなどに蓄積されているケースがほとんどだ。つまり、クラウドだけでなくオンプレミスを含めたハイブリッドな環境でデータを活用する基盤や仕組みが必要になる。

 これを実現するために、企業はどのような取り組みを推進すべきなのだろうか。“成功の秘訣”はどこにあるのだろうか。企業の有識者に聞いた。

※本稿は2023年10月31日にITmedia エンタープライズで公開した記事を転載したものです。


提供:アセンテック株式会社、日本ヒューレット・パッカード合同会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.