2021年08月30日 05時00分 公開
特集/連載

データドリブン企業になるための「データ活用」の秘策 まずやるべきことは?「DXのためのデータ活用」を成功させる4カ条【前編】

データを経営に活用したくても、膨大なデータを前に「何から着手すべきか」を悩んでいる企業は珍しくない。データの整理に時間を奪われないための秘策は。

[Amaresh Tripathy,TechTarget]

 データは企業の運営に不可欠な資源である、という概念はすっかり定着した。企業はデータを活用し、洞察と競争優位性に変えていかなければならない。AI(人工知能)やクラウド、自動化などの技術を効果的に活用するためのデータ戦略が必要とされる現在、こうしたデータドリブン型の意思決定はますます重要になっている。

 かつてないほど膨大に増えたデータを前に、企業はデータ活用にどう着手すればよいのか悩んでいる。世界経済フォーラム(World Economic Forum)によると、2025年まで世界中で1日に463E(エクサ)Bのデータが生み出されている。企業の内外に散らばるデータの中から、適切なデータを見つけ出すのは至難の業だ。

 だからこそ、データ活用には戦略が必要だ。本連載は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める上でも重要な、データ活用を効果的に進めるための4項目を解説する。

1.専門知識に裏打ちされたデータ活用戦略を立てる

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...