“考えなしのデータ集め”からの脱却に不可欠な「データスチュワード」とは?データクオリティーを保つ7つのベストプラクティス【第6回】

データを有効活用するには、データクオリティーを高いレベルで維持することが必要だ。その上で「データスチュワードの設置」がどう役立つのか、そしてその先にある「データドリブン文化の確立」とは何かを紹介する。

2022年11月29日 08時15分 公開
[George LawtonTechTarget]

関連キーワード

データ | データ分析


 企業のビジネスに欠かせないデータ。より正確な分析結果を得るためには、データクオリティー(データ品質)が重要だ。データクオリティーを確保するための7つのベストプラクティスのうち、6つ目と7つ目を取り上げる。

6.データスチュワードの設置

 決まった手順だけでは、データクオリティーに関する全ての問題を解決することは難しい。そこでデータスチュワード(データマネジメントの責任者)の出番になる。「データスチュワードは、データを思慮深く観察して、未解決の問題を解決に導く」。データマネジメントツールベンダーTalendのグローバルソリューションエンジニアリング担当バイスプレジデントであるクリストフ・アントワーヌ氏は、そう述べる。

 企業は部門単位で、データスチュワードを任命するとよい。IT部門だけではなく、全社的なデータマネジメント体制を整えることが重要だ。技術だけではこの目標を達成することは難しい。データに基づく意思決定を中心としたデータドリブン文化を実現するには、全社的な協力と支援が必要になる。

7.データドリブン文化の確立

 企業には、全社的に観察、議論、改善を重視するデータドリブンな文化が必要だ。「データドリブンなカルチャーによって、部門ごとにデータが独立している『サイロ化』をなくし、部門間でさまざまなデータをシェアできるようになる」。システムインテグレーターSyntax Systemsで、ビジネスインテリジェンス(BI)プロジェクトのチームリーダーを務めるジェフ・ブラウン氏は、そう述べる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...