2022年12月21日 08時15分 公開
特集/連載

COBOLをできるだけ楽にやめるための「2つの方法」とは?COBOLのモダナイゼーションテクニック【第6回】

COBOLプログラムのモダナイゼーションは人手と時間を要する。効率的、効果的にモダナイゼーションを進めるための、2つの普遍的なアプローチを解説する。

[Stephanie GlenTechTarget]

 プログラミング言語「COBOL」のレガシープログラムをモダナイゼーション(最新化)する方法は、さまざまだ。市場には作業の一部を自動で実行するツールもある。自動化ツールを導入するかどうかにかかわらず適用できる方法を使えば、COBOLプログラムのモダナイゼーションが楽になる可能性がある。どのような方法なのか。

方法1.モジュール式アプローチ

 レガシープログラムが機能ごとにモジュールとして分割されている場合、一部のモジュールをモダナイゼーションし、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)を介して古いモジュールと新しいモジュールを連携させる選択肢がある。「この方法を使えば、モダナイゼーションの進行中であっても、プログラムを稼働させ続けることが可能だ」。調査会社Intellyxの創設者兼プレジデントであるジェイソン・ブルームバーグ氏はそう述べる。

 こうした「モジュール式アプローチ」に適している例が、保険金請求処理プログラムだ。保険金請求処理プログラムは

  • 請求処理
  • 精算
  • 保険の引き受け

といった複数の機能を備える。「モジュール式アプローチを使うことで、これらの機能を個別かつ一度にモダナイゼーションできる」とブルームバーグ氏は話す。

方法2.段階的アプローチ

 モダナイゼーションツールベンダーEvolveWareのCEOであるミテン・マルファティア氏は、別の方法を提案する。それが「段階的アプローチ」だ。これは単体でモダナイゼーションを完遂するための方法というよりも、モダナイゼーションの足掛かりとして使用するものだという。具体的には、まずプログラムを小さなモジュールに分割して、現状を把握する。その上でモダナイゼーションの方向性を決め、プログラムを実装するという流れだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...