プライバシー侵害“確信犯”を撲滅へ 「Google位置情報収集」問題で進む法整備ロケーション追跡の慣習は変わるか【中編】

ロケーション追跡を巡る訴訟をきっかけに、米国でプライバシー保護に関する議論が進んでいる。エンドユーザーのロケーションを追跡している企業にとって、どのような影響があるのか。

2022年12月21日 08時15分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

ソーシャル | データ | プライバシー


 米国40州はGoogleに対して「ロケーション(位置情報)追跡はプライバシー侵害に当たる」との訴えを起こし、Googleが3億9200万ドルの和解金を支払うこととなった。この出来事は、企業に対してロケーション追跡の見直しを促す法律制定につながる可能性がある。

プライバシー侵害“ばれなきゃいい”はもう無理

 金銭的な制裁を科される懸念が浮上していても、ロケーション追跡技術を利用しているほとんどの企業は、この技術を使い続ける可能性がある――。調査会社Deep Analysisの創業者アラン・ペルツシャープ氏はこう考えている。「ほとんどの企業はやり玉に挙げられないことを願いながら、ロケーション追跡をし続けている」とペルツシャープ氏は説明。こうした企業は、もし制裁の対象になったら「謝罪するだけだ」と同氏はみる。

 「データの収集・利用方法について企業に責任を問う上では、プライバシーに関する法律が役立つ可能性がある」。人権団体Fight for the Futureのキャンペーンおよびマネージングディレクター、ケートリン・シーリー・ジョージ氏はこう語る。

 シーリー・ジョージ氏によると、Fight for the Futureは連邦議会に対して「米国データプライバシー保護法案」(ADPPA:American Data Privacy and Protection Act)を可決するよう働きかけている。「企業は信用できないからこそ、連邦議会は法案を可決する必要がある」と、シーリー・ジョージ氏は主張する。

 「人々のプライバシーを尊重し、保護するための方法は、政策によって企業を動かすことだ」とシーリー・ジョージ氏は強調する。そのためにはプライバシーに関する連邦法が「早急に必要になる」とジョージ氏は主張。大手IT企業の独占による権利の制限を防ぐために、強力な反トラスト法(独占禁止法)も必要だと訴える。

 幾つかの州はADPPAとは別に、プライバシーや個人データの扱いに関する州法を定めている。2022年に連邦法のプライバシー法案が立法化する可能性は低い。民主党も共和党も、こうした法律に盛り込むべき文言について、党内の意見がまとまっていないからだ。


 後編は、ロケーションなどのエンドユーザーデータを収集する企業が、今回の訴訟から得られる教訓を整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...